脳活開運マントラ:莫大な富をもたらす東洋のビーナス 吉祥天キッショウテン

仏教の女神で,美,幸運,繁栄,豊穣をもたらす神とされています。

 

一説にはアーリア人がインドに侵入する以前の,
先住民のもつ豊穣の女神かともいわれています。

 

仏教では毘沙門天の妃とされ,
同様に富,美,繁栄,豊穣をもたらすとされています。

 

ここでは、吉祥天様のご利益と
それを授かる方法を紹介します。

 

スポンサーリンク

 

【吉祥天 とは】

 

吉祥天ビーナスは、
美の象徴として知られていますが、
仏教の神々の中で、
あの弁才天をしのいで一番美しい女神メガミ と
されているのがこの吉祥天です。

 

吉祥天はインドでは、
大いなる幸運を意味する「マハーシュリー」と
いう名前で呼ばれています。

 

その意味を訳して功徳天、
もしくは吉祥天といわれるようになりました。

 

インドの神話の中では、
海から生まれ、
ヴィシュヌ神すなわち那羅延天ナラエンテン の妃となり、
やがて愛欲神カーマの母となります。

 

仏教に取り入れられると、
今度は徳叉迦トクシャカ という龍王を父に、
鬼子母神を母に持つ、
毘沙門天ビシャモンテン の妃(一説には妹)と
されるようになります。

 

日本で七福神が現在のメンバーに定まる前には、
吉祥天が福禄寿フクロクジュ の代わりに七福神の中に、
加えられていたこともあり、
吉祥天と弁才天(弁財天)は
ともに福徳を与える神として、
しばしば混同されることがあります。

 

 

期待されるご利益

① 貧乏からの脱却ができます。

② 災難から逃れることができます。

③ 大富豪になれます。

 願ったり叶ったりなご利益ですね。

 

 

吉祥天の真言:マントラ動画

 

 

吉祥天のマントラは、第六チャクラ(印堂インドウ)を活性化します。

 

 

期待される身体的効果

① サーカディアンリズム(体内時計)の調整を支え、
睡眠障害などの緩和に作用します。

 

② 視床下部の働きを支え下垂体からの
ホルモン分泌に作用します。

③ 松果体の働きを支えます。

④ 目、鼻、耳の働きを支えます。

 

 

期待される精神的効果

・直観 ・インスピレーション ・内省 ・感受性

・集中力 ・責任感 ・哲学的思考 ・洞察力

・サイキック ・潜在力 ・超感覚 ・悟り

・スピリチュアル能力に作用します。

 

ただアフォーメイションするのでなく
なりたい自分をイメージして、
マントラを詠唱して目標・願望を念じ、
静寂瞑想(他ページヘリンク) 3~5分続けみてください

 

関連記事
潜在意識を目覚めさせる一日5分の瞑想で、新年度の新しい出会いに備えましょう!

 

潜在意識があなたを、
望む道筋へと導いてくれます。

 

 

【まとめ】

◆目標・願望を念じる方法

目標・願望を念じる時は、

○○になりますように…

願望形ではなく、○○になりつつあります…

進行形か○○します…と肯定形にしましょう。

 

 脳は人に言われただけでは動きません。

 

自分で元気づけなければ、
脳は動き出さない性質があります。

 

いつも願望しているだけで
終わってしまわないようにいたしましょう。

 

アフォーメイション時の
BGMに良いミュージックです。↓

金運体質になるヒーリングピアノ(YouTyoubeへリンク)

 

 

関連記事

脳活開運マントラまとめ:七つのチャクラで宇宙エナジーと繋がりエネルギーを充電!

 

あなた様の日々の幸せに、お役にたてば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

お気軽に、感想、お悩み、ご相談はこちらからどうぞ(^▽^

http://fainfo.net/contact

 

 ブログランキング参加中です。

あなた様の応援クリックが励みになります(^^♪


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

         P.S.

『灰色の状態から脱皮したスキルのヒストリー』

の無料レポートです。

↓↓↓ 他ページへリンク
脳力開発でサイキックにめざめ望む人生を生きる方法

『脳活ドリーム・ライフ物語』

①養生氣功編 ②陽宅風水編 ③言霊アフォーメイション編

④引き寄せの法則:ソールメイト編 総まとめ編 

☆章毎の読み切りとなっています。

あなた様の自己実現

お役に立つヒントがきっと見つかると存じます。

お申込みはこちらからどうぞ m(_ _ )m

 

スポンサーリンク

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

Internet Defense League のメンバー

ページ上部へ戻る