氣功の静功:「静寂瞑想」時の呼吸法

氣功の動功を習練した後は、

必ず「静功」を行います。


この静功は思考をしない、

頭を空っぽにする瞑想法ですので、

私は静寂瞑想と呼んでいます。

 

ここでは、

静功(静寂瞑想)を

行う際の呼吸法を紹介します。

 

スポンサーリンク

 

体位は立式、座式、仰臥式、横臥式と

いずれでも共通しますので、

ここでは省きます。

 

立式の体位は下記をご覧ください。

 

関連記事
潜在能力を高める立式静功その1:站粧タンショウ 功 

潜在能力を高める立式静功その2:抱球ホウキュウ 功 

潜在能力を高める立式静功その3:抱丹ホウタン 功

 

 

【静功:静寂瞑想の心得】

静功は特に「空」を旨とします。

 

中国の氣功古書に

「静を練ること鬆ショウ を練るに如シ かず,

鬆を練ること空を練るに如かず、

空にして虚なるや、

その居を得たるなり」があります。

 

いわゆる空を練るとは

氣功を習練する時に、

身体を虚無状態にいたらし、

形を忘れ、

息をしていることを忘れ、

思いを忘れる境地に至る”

ことであると説いているのです。

 

中国の数々の功法は「意守」を使います。

 ★ 意守とは守って放さないこと。

 

◆「意守」より「意照」を

しかし、私が師事した許紹挺キョケイテイ 老子は、

「意守」は変差が起こりやすいので、

「意照」することを教わりました。

 

意照とは、

あるかないかの程度で、

…あるところ…を、

わずかに思うことで

長年の習練によってこの方法は

氣功効果があり、

弊害が起こらないと

許老子の研究により証明されました。
許紹挺老子:元大連理工大学教授

 

スポンサーリンク

 

【静功:静寂瞑想時の呼吸法】

◆自然呼吸(鼻ビ呼吸)

☆静功の呼吸は自然呼吸(鼻呼吸)が主です。

 

鼻から吸い、鼻から吐きます。

 

① 一呼一吸で一呼吸となります。

 

② 呼吸は深く、長く、均一に、細く(長息呼吸)行います。

 

深呼吸の様に深くなく、

吸う息より吐く息を長く、

一気に吐くのでなくゆっくり、

無理に長くすることなく吐き、

一呼吸、一呼吸・・・・・が

同じリズムで呼吸して行きます。

 例1 吸う:1.2.3 吐く:1.2.3.4.5.6 ≪吸1対呼2≫ 初心者向け

 例2 吸う:1.2.3 吐く:1.2.3.4.5.6.7.8.9 ≪吸1対呼3≫ 初心者向け

 例3 吸う:1.2.3.4 吐く:1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12 ≪吸1対呼3≫ 中級者向け

 

通常の呼吸は14~18回/分ですが、

氣功習練時は5~10回/分となります。

 

この回数にまどわされることなく、

自然に順応して徐々に長息になって行くことが重要です。

 

ある人は、

息を思いっきり我慢して呼吸をし、

わざと長くなるように、

鍛錬しますが、

これは最も弊害を招きやすいです。

 

 

◆複式呼吸

☆氣功は腹式呼吸が基本です。

氣を吸う時に、空気は肺に入り、

肺細胞が十分に膨張し、

横隔膜を圧迫して下へ移らせ下

腹部がやや膨らみます。 

 

息を吐く時には、

下腹部が少し中へ引っ込みます。

★関元(へそ下三寸…指三寸)を意識して行います。

 

これを腹式呼吸といい

意識して行います。

 

意識して修練すると、

凸凹の差が3~5cmと

まで楽に行える様になりますが、

無理をしないことです。

 

呼吸をするたびに下腹部が凸凹して、

内臓を自家摩擦により発熱させ、

気血水の循環を加速させ、

血液の酸素容量を多くし健康増進につながります。

 

習練時に、

無理に深・長・均・細を追及することなく、

ただ意念にこの境地をもち、

行うことを勧めています。

 

自然に逆らわず練習していると、

日に日に変化を感じ、

いつしか達成している自分を

発見することでしょう。

 

 

◆随息呼吸

☆心が息に従います。

下腹部を意識して凸凹してはいけません。

 

かすかに膨らみかすかに凹む様に自然に

順応した軽い腹式呼吸で、

呼吸は共に鼻で行います。

◆数息呼吸

☆数を数えながら行う呼吸です。

入息を数えるか、

出息を数えるか、

入出息を数えるか、

ご自分で選んでいただき、

1~5 又は、1~10

あるいは1~100えて行きます。

 

途中で間違えても気にしないで行います。

数え方はご自由に選んでください。

 

 

◆聴息呼吸

☆呼吸の深・長・均・細を聴きながら呼吸します。

 

均と細は無声の状態です。

それを聴くとは、

練功者が心静かに呼吸を

傾聴するということです。

 

注意をここに集中すると、

思考が乱れなくなります。

 

 

◆舌運呼吸

☆この方法は、楊思根ヤンシケン 老子に教わった呼吸法です。

 

舌先を上歯茎裏にあて氣を鼻から吸う時、

「いただきます」と黙読し、

「ありがとうございます」と

黙認しながら、

舌を外して口から細く長く吐きます。

 

又は、吸う時、「私は氣功を練習し」

吐く時「病をな直し健康になります」と

黙認します。

 

この功法は、

味覚神経を秩序ある運動促進します。

 

唾液が潤滑に排出され胃の働きを強め、

消化と新陳代謝を助け、

栄養を吸収して体質を強化することができます。

 

中医学では百病に対し まず「土を培ヤシナ う」といいます。

 

土とは五臓六腑の陰陽臓器の=脾・胃=に当たります。

 

この舌運呼吸は土を培い、

胃の働きを強める良い功法です。

 

欲不振の患者様にはお勧めの氣功法で、

当方の健功塾でも病院のセッションでも

常にこの「舌運呼吸」

習練しております。

 

この様に氣功は

心身の健康を回復・改善・増進することに適しています。

 

氣功練功時に、

ヒーリング音楽をBGMにして行っています。

 

YouTyoubeにも良いものがあります。 静かな森のハープ 

 

また、静寂瞑想時528HzのBGM併用して

練功することもお勧めします。

 

傷ついたDNAを修復するといわれています。

 

おすすめ記事
氣功とは

養生氣功とは

氣功の種類

氣功の動功

氣功の流派と目標

氣功初心者のための基礎知識

氣功呼吸法で自然治癒力を高める

氣功静功は潜在意識(アーカシックレコード)に繋がる瞑想法

 

氣功静功:静寂瞑想は、

あなた様の溢れる苦しみ、悲しみ、怒り、憎しみ、恨みを鎮め

本来ののあなたを取り戻すことができる近道でもあります。

 

あなた様の日々の健康に、お役に立つことを願っています。

最後までお読みいただきありがとうございます。

お気軽に、感想、お悩み、ご相談はこちらからどうぞ(^▽^

http://fainfo.net/contact

 

 ブログランキング参加中です。

あなた様の応援クリックが励みになります(^^♪


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

         P.S.

『灰色の状態から脱皮したスキルのヒストリー』

の無料レポートです。

↓↓↓ 他ページへリンク
脳力開発でサイキックにめざめ望む人生を生きる方法

『脳活ドリーム・ライフ物語』

①養生氣功編 ②陽宅風水編 ③言霊アフォーメイション編

④引き寄せの法則:ソールメイト編 総まとめ編 

☆章毎の読み切りとなっています。

あなた様の自己実現

お役に立つヒントがきっと見つかると存じます。

お申込みはこちらからどうぞ m(_ _ )m

 

スポンサーリンク

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

Internet Defense League のメンバー

ページ上部へ戻る