潜在能力を高める立式静功その1:站粧タンショウ 功

氣を体内に集める方法は、

数々ありますが「站粧タンショウ 功」

を(ショウの本字は木偏です)紹介いたします。

 

スポンサーリンク


 

站粧タンショウ 功

◆予備式

1) 予備式肩巾に両足を開いて立つ)を行い入静(リラックス)します。

 

関連記事
予備式とは
氣功の準備運動「予備式」と「入静」

 

2)両腕を体の前に出し、

輪を作るように丸くして手首の関節を緩めます。

 

3)両手の先は10~30cm離し

指先がわずかに下に向くように向かい合わせる。

*手の指は球を握っているイメージで。

 

4)両手は身体から25~30cmの位置で下丹田に向ける。

 

◆本功

5)頭の中は、空:無我の状態で、

意念は下丹田に集中させる(意守丹田=意留丹田)。 

 

★1  口の両脇をわずかに上向きにし、

自然なほほ笑みを現し、

入静(リラックス)状態を保ちましょう。

 

★2  初めは5~10分ぐらいで、

徐々に時間を伸ばし、

30分以上立てるようにしましょう。

 

 

◆収功

6) 収功します。
採気をし意留下丹田後、

下丹田を時計周りに9回(段々大きき)、

逆周りに9回(段々小さく)マッサージして

予備式の姿になり終了します。

 

関連記事
収功とは氣を納めること

 

★丹田をマッサージすることで、

集めた気を練り、

蓄える作用があるといわれています。

 

スポンサーリンク

 

立式静功「站粧タンショウ 功」の効能

この功法は、精気を下丹田に集めますので、

経穴を開き全身の12経略(五臓六腑)の通りが良くなり

疾病を軽減すると共に、

潜在能力を開発する原動力を蓄えます。

★静功は全てこの効果を得ることができます。

 

初めの内は、腕が大腿部が辛くなります。

 

力が入っているのです。

 

その時は、両手両足を振ってポーズを取り直しましょう。

 

手先に気感を得やすい功法ですので、

心地よさが体内にみなぎって来るのを

感じることが短時間でやってきます。

 

氣功の最大のポイントは、

入静を得ることにあるのです。

 

それは宇宙と融合する(大周天)ことなのです。

 

個人差があります。

 

何時それが訪れるかあせらず気長に練功することです。

 

先ず小周天(体内に気が巡る)の体感を取得しましょう。

 

前回紹介したエナジー採気功と併せて行うと、

気感のレベルが日に日に高まるのを実感できるでしょう。

 

関連記事

氣功静功時の呼吸法

夜明けの養生氣功:朝の目覚めに太陽のエナジーを浴びる「エナジー採氣法」

 

あなた様の幸せな日々の健康に、お役に立てれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

お気軽に、感想、お悩み、ご相談はこちらからどうぞ(^▽^

http://fainfo.net/contact

 

 ブログランキング参加中です。

あなた様の応援クリックが励みになります(^^♪


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

         P.S.

『灰色の状態から脱皮したスキルのヒストリー』

の無料レポートです。

↓↓↓ 他ページへリンク
脳力開発でサイキックにめざめ望む人生を生きる方法

『脳活ドリーム・ライフ物語』

①養生氣功編 ②陽宅風水編 ③言霊アフォーメイション編

④引き寄せの法則:ソールメイト編 総まとめ編 

☆章毎の読み切りとなっています。

あなた様の自己実現

お役に立つヒントがきっと見つかると存じます。

お申込みはこちらからどうぞ m(_ _ )m

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

Internet Defense League のメンバー

ページ上部へ戻る