【脳活開運言霊】「伊呂波イロハ 歌」は折句の暗号文⁉

昭和30年代までのお生まれの方でしたら 

どなたでも「いろは(伊呂波)歌」は

存知の「手習い歌」です。

 

戦前、国民学校一年生の国語の時間、

最初に、みんなで唱和したのが

この「いろは歌」です。

 

それから

47文字を一字一字を手習いして行き、

手習い事始め…をするので

「手習い歌」とも呼ばれています。

 

現代は「あいうえお・・・」ですね^^

 

ですがこの「いろは歌」は、

平安初期より綿々と受け継がれた

口承文化の一つなのです。

 

その所以ユエンは、

折句「いろは歌」の持つ

二面性にあるのかもしれません。

 

綿々と生活の中で

息づいてきた「いろは歌」の持つ

不思議な威力を

ここで解き明かしてまいります。

スポンサーリンク

 

【折句とは】

折句とは

ある一つの文章や詩、

和歌、俳句、川柳の中に、

別の意味を持つ言葉を織り込む

言葉遊びの一種です。

 

句頭を利用したものがほとんどで、

代表的なものに

在原業平アリハラノナリヒラ が友と、

東北へ旅をしたときの和歌が有名ですので、

紹介いたします。

 

らころも つつなれにし しあれば 

るばる来ぬる びをしぞ思ふ 在原業平古今和歌集』 

 

『伊勢物語』9段の歌として有名なこの歌は、

いわば暗号解読法の見本としてよく登場します。

 

句頭を「か・き・つ・ば・た」としています。

 

 

東北への旅はカキツバタの花が咲く

初夏の頃だったのでしょうね。

 

歌の意味は、

≫からころも(唐衣)を繰り返し着て

よれよれになってしまった、

そんな風に長年つれ添って親しく思う

妻ツマ:褄ツマ 着物のすそ

が、その衣を永らく張っては着て

また張っては着るように、

はるばる遠く来てしまったこの旅を

しみじみと思うことだ≪

 

業平自身の人生(妻との)来し方を感慨深く…

東北への旅と人生の旅をあわせて

詠った名高い一首です。

 

ぐら山  ねたちならし  く鹿の

にけむ秋を  る人ぞなき 紀貫之『古今和歌集』

お・み・な・え(へ)・し(女郎花)」が詠み込まれていますね。

 

 

現代版、折句の詩です。

 

くびがでるわ

やけがさすわ

にたいくらい

んでたいくつ

ぬけなあなた

べってころべ 谷川俊太郎

 

散々けなしているけど、

愛しているいるのですね

奥さんを(´∀`*)ウフフ

 

【「伊呂波イロハ歌」を読み解く】

それでは

「いろは歌」を読み解いて参りましょう。

 

いろはにほへと ちりぬるを

わかよたれそ つねならむ

うゐのおくやま けふこえて

あさきゆめみし ゑひもせす(ん)

 

ご高齢の方だと、

どなたでもご存知の歌です。

 

最後に「ん」をつけて、

国民学校(小学校)一年生の国語の時間に

全員で声を揃えて詠唱、

読み書きをした覚えがある「手習い歌」です。

 

戦後、国語の習い始めは

「あいうえお  かきくけこ ......ん」

となりました。

◆「伊呂波イロハ 歌」表の解釈

「いろは歌」の表の意味は

この世の『諸行無情』を詠った歌です。

 

私は小学六年の時、

“これはお釈迦様(ブッダ)の教えを

弘法大師様(空海)が47文字で

詠ウタ った歌だと言われています”と

国語の時間に教わった記憶があります。

 

“世の『諸行無常』を47文字で

同じ文字を使わずに詠ウタ うとは、

とても立派なお坊様ですね”と聞かされて、

子ども心に感動したものです。

 

スポンサーリンク

 

後に「いろは歌」は、

涅槃経の四句の偈ゲ、

諸行無常・是生滅法・生滅滅己・寂滅為楽 

心情を歌ったものだと知ります。

★偈ゲ:経典で詩句の形をとって仏の徳を讃えたもの。

手習い歌の一。平安中期の成立。四七字の仮名を一度ずつ使って作られた、「いろ(色)はにほ(匂)へどち(散)りぬるをわ(我)がよ(世)たれ(誰)ぞつね(常)ならむうゐ(有為)のおくやま(奥山)けふ(今日)(越)えてあさ(浅)きゆめ(夢)(見)じゑひ(酔)もせず」という七五調四句からなる今様歌。涅槃ねはん経の「諸行無常、是生滅法、生滅滅已、寂滅為楽」の意訳とされる。弘法大師作という説は否定されている。 大辞林 第三版

 色は匂へど 散りぬるを --- 諸行無常
 我が世誰ぞ 常ならむ  --- 是生滅法
 有為の奥山 今日越えて   ---   生滅滅已
 浅き夢見じ 酔ひもせず --- 寂滅為楽

・諸行無常(しょぎょうむじょう)

            --- すべての存在は移り変わる
・是生滅法(ぜしょうめっぽう)

   --- 是がこの生滅する世界の法である
・生滅滅已(しょうめつめつい)

 --- 生滅へのとらわれを滅し尽くして
・寂滅為楽(じゃくめついらく)

      --- 寂滅をもって楽と為す

 

●お釈迦様の基本説法「三法印」

お釈迦様の基本の説法(三法印)を詠ヨ んだのが

この『いろは歌』なのです。

 

菩提樹の下で、

お釈迦様は悟りを得た後、

まず最初に共に修行したことのある

5人の仲間たち(最初の弟子5人)に、

正法を説かれました。

 

その最初の説法で

三法印という三つの真理を示されたのです。

 

それが「諸行無常」「諸法無我」「涅槃寂静」です。

 

・諸行無常:諸(もろもろ)の行(物事)は常(つね)では無いのすから、「全てのものは変化する」というのが真理です。

 

・諸法無我:諸(もろもろ)の法(現象)には我(孤立)は無い」ということです。つまり、「あらゆる現象(生物、無生物、自然現象)は、すべてなんらかのつながり・関連をもち、もちつもたれつの状態で存在しているのです。

 

・涅槃寂静:

涅槃とは、サンスクリット語の「ニルヴァーナ」を音写したものであり、火を吹き消した状態を指し、寂は不動、静は静かなことの意です。つまり、涅槃寂静とは、煩悩の炎を吹き消された悟りの世界(涅槃)は、静やかな安らぎの境地(寂静)であるということです。

 

お釈迦さまの教えの根本道理とは、

≫「いつまでも変わらない」ことにこだわりすぎると

心が「苦しみ」を生む原因である。

様々な現象は常に移り変わり、

諸々の現象はどこかでつながっているのもです。

煩悩を鎮めて穏やかに過ごすこと。

この世の道理、仕組みをしっかりと

心に持ちなさい

 

この諸行無常」の三法印の教えを詠ったのが

「いろは歌」の表の解釈です。

 

明日ありと 思う心の仇桜 夜半に嵐の 吹かぬものかは 親鸞聖人

スポンサーリンク

 

◆「伊呂波イロハ 歌」の折句で隠された意味

 

●いろは歌は神の暗号文

「いろは歌」はもともと

真言宗系統の学僧のあいだで

学問的用途に使われており、

それが世間に広まったので、

真言宗においてまず有名な賢者僧侶といえば

空海(弘法大師)であることから

空海の作だといわれていました。

 

いろは歌」は折句で

暗号化された偈ゲ(仏教の詩句)です。

  

ろはにほ

ちりぬるを

たれそつね

らむうゐのお

やまけふこえ

あさきゆめみ

ひもせ  

 

いえすとかなくしてし…イエス咎トガなくして死す。

 

または左端と右端を縦に

七音ずつにして

読むとヘブライ語で

いちよらやあゑ(イーシ・エル・ヤハウェ神ヤハウェの人 とかなくてしす 咎トガ なくて死す

となるので

キリスト教信仰について語っている文となります。

詳しくは↓

久保有政 聖書講義「古代東方キリスト教と日本」6 いろは歌のキリスト

 

ですので

「いろは歌」の作者は

大陸から渡来してきた

古代東方キリスト教ネストリウス派

(古代ユダヤ人、失われた10種族の一派)の

景教徒(異邦人)ではないかともいわれています。

 

 

【まとめ】

 

私は、やはり「いろは歌」の作者は、

弘法大師ではないかと考えています。

 

空海留学僧が遣唐使の一人として渡った時代の都、

長安では景教(唐ではキリスト教をこのようにいいます)

栄えていました。

 

空海が

真言密教を学んだ唐長安青龍寺の近くに

景教(古代キリスト教)の教会があり、

探究心の強い空海は、

しばしば教会を尋ねたり、

都のうわさを耳にしたのではないかと思われます。

 

空海の幅広い知識と卓越した行動力、技能力は、

四国八十八ヶ所、灌漑工事などで明らかです。

 

「いろは歌」はもともと

真言宗系統の学僧のあいだで

学問的用途に使われており、

それが世間に広まった~平安中期~のです。

 

空海(774年生誕)の入滅は835年の平安初期です。

 

私は「伊呂波イロハ は空海(弘法大師)の作だと、

上記の基で考えています。

キリスト教思想が折り込まれた、という方も

いますが、平安初期に唐で2年間学び帰朝した

空海は、今時ホットな大陸ニュースを織り込んだ

折句で、お釈迦様の基本説法「伊呂波歌」を

作ったのではないかと考えます。

 

留学僧空海から学ぶ真言密教と共に

当時最新の大陸文化…古代キリスト文化…に接し、

就学僧たちはワクワクとして

仏教を学んでいたのでないかと推察します。

 

47文字を一字も同じ文字を使わずに

お釈迦様の基本教義「諸行無常」の三法印を47文字で表し、

しかも折句で当時の唐の最新ニュースを

織り込むことができるのは

空海(弘法大師)様が妥当だと思いますが、

あなたはどの様にお考えですか❔

 

◆「伊呂波イロハ 歌」動画

「伊呂波歌」は言霊で不思議な霊力を持っています。

 

私は音楽療法の発声法として

声をそろえて詠唱3回行っています。

 

滑舌がスムースになり、

なぜか心がが穏やかに安定してきます。

 

朝一番の発声でもいいですね^^

あなたもためしてみてはいかがでしょうか。

 

「伊呂波イロハ 歌」動画

練習用YouTube 言霊:ことだま「伊呂波イロハ 歌」

関連記事

【脳活開運言霊】ことだま「伊呂波イロハ 歌」と「ひふみ御祓い詞」の不思議

おすすめ記事
【脳活開運言霊】ことだま「ありがとう」の奇跡!

 

あなた様の日々のこころ安寧を願っています。

最後までお読みいただきありがとうございます。

お気軽に、感想、お悩み、ご相談はこちらからどうぞ(^▽^

http://fainfo.net/contact

 

 ブログランキング参加中です。

あなた様の応援クリックが励みになります(^^♪


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

         P.S.

『灰色の状態から脱皮したスキルのヒストリー』

の無料レポートです。

↓↓↓ 他ページへリンク
脳力開発でサイキックにめざめ望む人生を生きる方法

『脳活ドリーム・ライフ物語』

①養生氣功編 ②陽宅風水編 ③言霊アフォーメイション編

④引き寄せの法則:ソールメイト編 総まとめ編 

☆章毎の読み切りとなっています。

あなた様の自己実現

お役に立つヒントがきっと見つかると存じます。

お申込みはこちらからどうぞ m(_ _ )m

スポンサーリンク

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

Internet Defense League のメンバー

ページ上部へ戻る