癒しのリズムセラピー:芸術音楽療法を始める前に

ここでは「癒しのリズムセラピー:芸術音楽療法」

プログラムを始める前の留意点を記述します。

 

スポンサーリンク

 

会場設営

① ドアと窓を開け空気を入れ替えましょう。

② 椅子は対面式に間隔を開けて並べます。

③ PC、プロゼクター、スクリーン、CDカセット等を部屋の前方に設置します
★照明のスイッチ場所の確認をしておきましょう。

④ 除菌消臭液またはアロマ等を焚き、1/fのBGMで癒しの環境を創りましょう。

★2~30分前にはセットでき、
早くお越しになるクライエントに対応できるとベストです。

⑤ 冷・暖房は外気と温度差が大きくならなようにしましょう。

⑥ 雑然と物が置かれている部屋はさけてください。

★上記を考慮して実施部屋を選びましょう。

 

参加者の留意点

① 食前食後30分は避けましょう。

② 必要であれば、大小便をすませておきましょう。

③ 衣服を緩め、ベルト、腕時計など束縛している物を解きましょう。

④ 感情的に不安定な時は、気持ちが落ち着いてから参加しましょう。

⑤ 激しい運動後は、汗が引き呼吸が整うのを待って参加しましょう。

⑥ 途中で喉が渇きます水100cc以上摂取して行いましょう。

参加者が要支援・要介護者の場合は、

≪ステージⅡ≫承と ≪ステージⅢ≫転の

小休止の間に水分補給することをお忘れなく。

のどが渇いて飲むと水分が脳に行くまで

約20間は脳内血管はドロドロ状態です。

 

スポンサーリンク

 

プログラムファシリテーターの留意点

例:1時間プログラム

≪ステージⅠ:起≫10間 

起:癒しの環境を整える [照明:薄明]

 

① 画像波動やメディアプレイヤー(音・光・色・形)を使い、

参加者の年代を考慮して季節感ある音楽(メロディのみ)を選曲しましょう。

 

② 室内はあまり明るくしなくて、

右脳優位になる環境をつくる様に心がけましょう。

 

≪ステージⅡ:承≫20分間 

承:脳内リズム・体内リズムを整える [照明:全照]

≪あせらず・静かに・ゆっくり・時間をかけて行うことを心掛けましょう≫

 

★アクシデントや参加者の反応に対応できる様、

企画プログラム変更も考え、

予備プログラムを用意しておきましょう。

 

① 気功呼吸法:自立神経を調え、脳内伝達物質(セロトニン)の排出を促す。

 

リズム功:適度な脳内伝達物質(ドーバミン)は排出を促して行く。

共感脳を刺激しましょう。 ★やり過ぎない様にしましょう。

 

③ 音韻・和音・言霊・滑舌法などいづれか1つ:五感と五臓六腑に働きか

け、心地よさを味わいながら脳内&体内リズムを調えて行きます。

 

★次のステージⅢにつなげるプログラムで、

発声練習でもありますが、強制的に行わない様にしましょう。

 

≪小休止を取りましょう:水分補給≫

≪ステージⅢ:転≫25分間 

転:「音楽回想法」で脳内活性を図り、

自ら生きる力を引き出す[照明:薄明]

 

パワーポイント(歌詞:映像等をアニメーション設定)を使用し、

発語を促し(心唱~歌唱)前頭葉の活性をはかりましょう。

 

① 起の刺激曲:実施する日時の季節感を大切にすることです。

・春・夏・秋・冬、24節季の行事

・子供の日・母の日・敬老の日等の記念日 等

・お正月・お盆・お彼岸等、日常生活の一部となっている

生活文化を誘う曲」を積極的に取りいれ

童謡・唱歌で季節感を懐かしさ…記憶を思い起こす曲を選びましょう。

 

② 承の刺激曲:参加者の青少年・青春時代の曲を選びましょう。

知っている歌ばかりでなく、

その時、その時代の忘れてしまっていた歌等を使って、

脳内活性をはかりましょう。

 

③ 転の刺激曲:成人期の苦しい時、

悲しい時に元気をもらった歌、

心を癒された歌、話題曲などを選びましょう。

 

④ 結の刺激曲:近年の話題曲でクライエントと

共感性のある曲を選び、

情動を大切に ≪ステージⅣ≫ 結につなぐ様にしましょう。

★全体的に男性・女性に片寄ることのない様にしましょう。

 

スポンサーリンク

 

◆進行中ファシリテーターの注意点

① 自発的に声を出して歌うのを待つことです。

心の中で歌っていることがあります。

それよりも顔色・表情の変化に心配りをしながら進行しましょう。

 

マイクを使用せず、
生の声で参加者の心にアタックしましょう。

★マイクを向けられて嫌がる方が多いです。

 

点数がでるカラオケ歌唱は音楽回想法に向きません。

 

③ 思い出している時は、

脳は活発に活動しています。

思い出してしまうと脳は休んだ状態になります。

 

④ カラオケよりアカペラで歌う方が、

脳は活発に活動します。

 

⑤ カラオケ映像よりもパワーポイントを使用して歌う方が、

脳は活発に活動します。

 

⑥ パワーポイントは手元手動にして、

参加者の歌う速度に合わせ思い出す

ポイント“ことば”大切にして進めましょう。

 

⑦ テンポの速い曲

例:
・ゆっくり(1番歌詞)~

・序所に速く(2番歌詞)~

・曲の持つ速度(3番歌詞)へと移行します。

 

⑧ 音程の高い曲:参加者の健康状態…

高齢者は高い音が聞き取りにくくなり、

声が出にくくなる…を考えて、

音程を下げて歌唱しますが、

あまり下げると唄いづらくなる歌があります。

≪ステージⅣ:結≫:5分間 

結:β-エンドルフィンの排出を促し、

自然治癒力を高める 「照明:暗転」

 

絵画や写真等の動画と1/f音楽音彩≫

≪脳波α2≫を保つ瞑想状態の環境を提供します。

 

★ここが、このメソッドで一番重要な時間帯です。


参加者も介助・介護者、

ファシリテーターも癒しの時間を共有します。

 

おすすめ記事
癒しのリズムセラピー『芸術音楽療法』とは

癒しのリズムセラピー:芸術音楽療法の目的と特徴

「癒しのリズムセラピー:芸術音楽療法」への取り組み

芸術音楽療法:刺激曲の「同質の音楽」と「異質への転動」

 

あなた様の活動に、お役に立てれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

お気軽に、感想、お悩み、ご相談はこちらからどうぞ(^▽^

http://fainfo.net/contact

 

 ブログランキング参加中です。

あなた様の応援クリックが励みになります(^^♪


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

         P.S.

『灰色の状態から脱皮したスキルのヒストリー』

の無料レポートです。

↓↓↓ 他ページへリンク
脳力開発でサイキックにめざめ望む人生を生きる方法

『脳活ドリーム・ライフ物語』

①養生氣功編 ②陽宅風水編 ③言霊アフォーメイション編

④引き寄せの法則:ソールメイト編 総まとめ編 

☆章毎の読み切りとなっています。

あなた様の自己実現

お役に立つヒントがきっと見つかると存じます。

お申込みはこちらからどうぞ m(_ _ )m

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

Internet Defense League のメンバー

ページ上部へ戻る