氣功の調食(医食同源)その4「身体がダル重くありませんか?」それは水毒かも!

梅雨の体調

梅雨時です。

 

外はシトシト、

家はジメジメ、

体はダル重の日々ですので、

東洋医学でいうところの「水毒」の状態になる時です。

何だか怖い言い方ですね。

 

スポンサーリンク


「水毒」とは

東洋医学では「水 スイ」のことを「津液 シンエキ」とも呼びます。

 

「水 スイ」とは飲食物に含まれる水は「脾」によって分けられ、

更に小腸・大腸で清らかものと濁ったものとに分けられ、

清らかな水の成分が「水 スイ」となります。

 

「水〈津液)」

涙や唾液、多くの分泌液の素で、

皮膚、髪の毛、粘膜などを潤し関節などの働きを滑らかにします。

 

けれど、「水 スイ〈津湿)」

管外に出て行くため皮膚や関節内に溜まり、

むくみの原因となるのです。

 

また、身体の中の余分なものと結びつき、

身体が重い、だるい、胃腸がムカつくなど

の症状となります。

 

ですから水分代謝が悪いと「水毒」となるのです。

 

この溜まった「水〈津液)」を東洋医学では

「水毒」または「痰湿 タンシツ」ともいい

関節リュウマチや喘息、アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎、

冷え性などの原因になると考えられています。

 

◆水毒の代表的な症状

あなたは

① 梅雨時や雨の日に体調を崩しやすいですか?

身体がだるく重くありませんか?

朝起きられない、または起きるのが辛くありませんか?

④ 手足がむくんでいませんか?

舌にべっとりと苔がついていませんか?

胃がムカムカしやすく空腹感がないですか?

痰や唾液の量が以前より多くなっていませんか?

多汗ではありませんか?

お腹を押すとポチャポチャ音がしませんか?

乗り物に酔いやすくありませんか?

⑪ 体が冷えていませんか?

⑫ 低体温になっていませんか?

 

私はアレルギー体質で

食物アレルギーとアレルギー性鼻炎、冷え性があります。

 

ですから、冬季や梅雨時は特に飲食に気を配っています。

 

日本風土に合った薬膳料理を「和薬膳」といいます。

 

江戸時代の貝原益軒養生訓が基となって民間に広く伝わり、

私も幼い頃から

・食養生 暑くても氷水・アイスクリームはダメ、

毎日ニンニク1片・リンゴを食す、食事は腹八分など≫と

 

・生活習慣 ≪早寝早起き、頭寒足熱:足やお腹を冷やさない、

風呂上りには両膝から下に水をかけて上がるなど≫を

厳しく教わりました。  

★最もその頃は食糧難で、すぐにお腹が空いていた感じでしたネ

 

その和薬膳では、

「水 スイ」の代謝を良くし、

むくみ解消に働く食べ物を食して改善をはかります。

 

スポンサーリンク

 

◆水毒(痰湿)に適した食材

玄米、小豆、ハト麦、そば、海草、きのこ、

タケノコ、ナス、アスパラガス、カボチャ、

ジャガイモ、こんにゃく、バナナ、ウーロン茶、プーアル茶 など。

 

◆水毒(痰湿タンシツ)に適した薬膳食材

生姜、山査子サンザシ、緑豆、ヨクイニン(ハト麦)、

決明子ケツメイシ(ハブ茶)、茯苓ブクリョウ など。

 

◆水毒(痰湿)の人が控えたい食材

脂肪の多い肉類、ベーコン、卵黄、イクラなど魚卵類、
高脂肪食品、味の濃いもの、炭酸飲料、氷水(冷えた飲料)、
アイスクリーム、キャンディー、カキ氷 冷やした食材(常温は良)など。 
 

 

★「水〈津液)」が不足した状態を「津液虚 シンエキキョ」と呼びます。

この症状はストレス、過労、睡眠不足、食生活の乱れが原因で起きやすくなります。

 

津液虚の代表的な症状

あなたは

① 皮膚がかさつきませんか?

② のどが渇きますか?

③ 風邪を引いた後に空咳がありますか?

④ 手のひらや足の裏がほてりますか?

⑤ 寝汗をかきますか?

 

★辛いものや脂っこいもの、お酒、たばこなどは、

身体の水分を消耗する性質がありますので、

取り過ぎないようにしましょう。

 

胃腸消化吸収が弱っていると、

取り入れた水が活用されることができず、

「必要な水は不足しているのに、

余分な水分はあふれている」という状態になります。

 

水を飲んでものどの渇きが治まらず、

お腹でポチャポチャ水が溜まっている人は、

いくら水を飲んでも水不足を解消することはできません。

 

常温の水やお湯を少しずつ飲んでのどの渇きを治めましょう。

 

◆津液虚に適した食材

豆乳、豆腐、豚肉、鴨肉、鶏肉、すっぽん、

ハマグリ、アワビ、レンコン、ピーマン、

トマト、梨、ライチ、レモン、メロン、ミント茶、緑茶 など。

 

◆津液虚に適した薬膳食材

高麗人参、黒米、百合根、胡麻子、銀耳 ギンジ、山薬、菊花 など。

 

◆津液虚の人が避けたい食材代

香辛料、薬味野菜、冷たいもの など。

 

あなたは、いかがでしたか?

 

おすすめ記事
氣功の調食(医食同源)その1 「自然の営みの食材で体調改善」

氣功の調食(医食同源)その2「健康&アンチエイジングを左右する酵素の働き」

氣功の調食(医食同源)その3「健康寿命を左右する食材

氣功の調食(医食同源)その5「朝一粒の梅干が元気の素」

氣功の調食(医食同源)その6「今どきのお勧め食生活『べジフルセブン』」

腎症を発症する「血糖値スパイク」のチョコ効果は最適食です

「ゆで蒸し野菜」は血糖値スパイクも糖毒物質AGEも同時に減らす

 

 あなた様の日々の健康維持増進に、お役にたてれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございます

お気軽に、感想、お悩み、ご相談はこちらからどうぞ(^▽^

http://fainfo.net/contact

 

 ブログランキング参加中です。

あなた様の応援クリックが励みになります(^^♪


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

         P.S.

『灰色の状態から脱皮したスキルのヒストリー』

の無料レポートです。

↓↓↓ 他ページへリンク
脳力開発でサイキックにめざめ望む人生を生きる方法

『脳活ドリーム・ライフ物語』

①養生氣功編 ②陽宅風水編 ③言霊アフォーメイション編

④引き寄せの法則:ソールメイト編 総まとめ編 

☆章毎の読み切りとなっています。

あなた様の自己実現

お役に立つヒントがきっと見つかると存じます。

お申込みはこちらからどうぞ m(_ _ )m

 

スポンサーリンク

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

Internet Defense League のメンバー

ページ上部へ戻る