氣功の調食(医食同源)その2「健康&アンチエイジングを左右する酵素の働き」

なぜ「酵素」なの?

最近「酵素」がクローズアップされています。

 

なぜ今「酵素」なのでしょうか?

 

栄養のある食物を食しても、

体内で食物を分解しなければ、

血肉となって体内に吸収されないのです。

 

その分解する物質が酵素といいます。

 

スポンサーリンク

酵素の効能

蛋白質を分解する酵素、

炭水化物を分解する酵素、

カルシウムを分解する酵素は異なり、

一つの酵素は、1物質しか分解することができないのです。

 

ですから酵素は数1000種類あるともいわれています。

 

酵素は生命維持に欠かせない重要な栄養素です。

 

また食物を消化分解するほかに、

「酵素」は呼吸、運動、思考、

そして自然治癒力までも左右する、

とても重要な働きを担っています。

 

生命活動においては、

さまざまな化合物による反応が起こっていて、

それらの反応のほとんどが、

実は、酵素の仲立ちがあって、

はじめて成り立っているのです。

 

酵素がなければ私たちは生きていけない、

とさえ言える存在なのです。

 

◆酵素の種類

1)消化・分解・免疫機能を維持

酵素は身体の中で作られ、
消化酵素と代謝酵素の2種類があります。

 

2)消化酵素

食べ物を体内で消化して、

必要な栄養素をとりこむために必要な酵素です。

 

唾液、膵液などの消化液に含まれるほか、

腸内微生物も消化酵素を作り出します。

 

3)代謝酵素

栄養素をもとに身体の各細胞を作り、

呼吸や運動に欠かせない化学反応に関わっています。

また、老化を防ぎ、毒素を解毒し、

免疫力や自然治癒力にも働くなど

生命に関わる重要な役割を持っています。

 

4)酵素の体内生産量は限りがある

人が一生の間に作ることができる限られた量の酵素を潜在酵素と呼んでいます。

消化酵素と代謝酵素は同じ一つの潜在酵素から作られます。

したがって、消化酵素はなるべく食べ物から摂り、

体内で作られる酵素はできるだけ代謝酵素として、

自然治癒力などのために働けるようにするのが

長生きの秘訣となります。

 

20世紀の後半になって、

アメリカのエドワード・ハウエル医学博士の研究により、

体内で一生に作られる酵素の量は限定されている」

ということがわかりました。

 

それまで、酵素はタンパク質でできているので、

タンパク質を摂っていれば酵素は必要なときに

必要なだけ作られると考えられていたのです。

 

しかし、実際には遺伝子の中の情報として、

人それぞれ酵素を作ることができる量が違い、

さらにその量が限られていることがわかったのです。

 

 自然界の食物にはすべて消化酵素が含まれていますが、酵素は熱に弱く約42~70℃で破壊されます。

 

つまり、野菜、果物、肉類、魚介類を加熱して調理すると、

その中に含まれる酵素は破壊されてしまうのです。

 

だからと言って、

食物をすべて生で食べるわけにはいきませんので、

極力多くの量の酵素を摂れる食品を選んで食卓にのせましょう。

 

スポンサーリンク

酵素の取り方

◆酵素の多い発酵食品

納豆・キムチ・ヨーグルト・チーズ・味噌・漬物・塩辛・ぬかずけ・甘酒など

様々な発酵食品に酵素は含まれています。

 

ただ酵素は熱に弱いので、

みそ汁を作るときには

必ず火を止めてからみそを入れましょう

 

納豆は栄養素を分解する酵素が多く、

脂肪分、タンパク質、デンプンを分解してくれます。

 

血液サラサラになる成分もあるので、

どんどん食事に取り入れていきたい食品です。

 

韓国の伝統的な食品である

キムチは酵素と乳酸菌がたっぷり含まれています。

 

乳酸菌が腸内環境を整え、

酵素と栄養素が結びつき、

消化吸収を助ける、

相乗効果が生まれる理想的な食品ですね。

 

キムチに含まれる

トウガラシやニンニクは体を温め、

代謝を上げるので、

ダイエット中にもどんどん摂取したい食品です。

 

◆酵素の多い野菜・果物

大根・山芋・キャベツ・キュウリ・にんじん・小松菜

・ブロッコリーなど、フレッシュな野菜に

酵素が多いと言われています。

 

大根はデンプンの分解を助けてくれる、

アミラーゼという消化酵素を含んでいます。

 

・焼き魚の隣に大根おろしが添えられているのも、

消化を助ける理由からです。

 

・キュウリは脂肪分解酵素であるホスホリパーゼを含んでおり、

ダイエットをサポートしてくれる食材です。

 

より多くの酵素を体に取り入れるためにはすりおろす事が効果的です。

 

人参などの色が濃い野菜は緑黄色野菜と呼ばれます。

 

この野菜は生で食べる事が難しいので、

フルーツなどと組み合わせて、

スムージーなどのジュースにする事は

体に入れやすくなるので、おすすめです。

 

バナナ・イチジク・パイナップル・パパイア・キウイ・イチゴは

炭水化物消化酵素を多く含みますが、

果物は果糖(糖質)が多く含まれていますから、

多くとりすぎないでください。

 

積極的に酵素を取る事は、

体にいいだけでなく、

美肌・ダイエット効果が期待できます。

生で体の中に入れる事が前提です。

 

日本人は、肉や魚介類を生食:刺身として食します。

これも良い酵素の取り方です。

 

肉や魚介類を食する時は、

ワサビ・生姜・辛子・唐辛子・酢・醤油などを

加えて食すると食中毒予防や和薬膳としても、

より効果のあるものになります。

 

多くの野菜を発酵させたサプリメントが、

お手頃値段で紹介されています。

 

高齢になると食が細くなります。

 

また外食やコンビニ食が多い方、生野菜は嫌いな方

このような発酵健康サプリメント利用することで

アンチエイジングいたしましょう。

 

私も発酵サプリメントを利用して

一日の食事のバランスを整えています。

 

関連記事

氣功の調食(医食同源)その1「自然の営みの食材で体調改善」

氣功の調食(医食同源)その3「健康寿命を左右する食材

氣功の調食(医食同源)その4「身体がダル重くありませんか?」

氣功の調食(医食同源)その5「朝一粒の梅干が元気の素」

氣功の調食(医食同源)その6「今どきのお勧め食生活『べジフルセブン』」

腎症を発症する「血糖値スパイク」のチョコ効果は最適食です

「ゆで蒸し野菜」は血糖値スパイクも糖毒物質AGEも同時に減らす

 

 あなた様の日々の健康にお役にたてば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

お気軽に、感想、お悩み、ご相談はこちらからどうぞ(^▽^

http://fainfo.net/contact

 

 ブログランキング参加中です。

あなた様の応援クリックが励みになります(^^♪


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

         P.S.

『灰色の状態から脱皮したスキルのヒストリー』

の無料レポートです。

↓↓↓ 他ページへリンク
脳力開発でサイキックにめざめ望む人生を生きる方法

『脳活ドリーム・ライフ物語』

①養生氣功編 ②陽宅風水編 ③言霊アフォーメイション編

④引き寄せの法則:ソールメイト編 総まとめ編 

☆章毎の読み切りとなっています。

あなた様の自己実現

お役に立つヒントがきっと見つかると存じます。

お申込みはこちらからどうぞ m(_ _ )m

スポンサーリンク

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

Internet Defense League のメンバー

ページ上部へ戻る