うつ病改善生活レシピは朝日を浴びる早朝氣功が最適!

この記事は、
うつ病を養生氣功の五要素で克服して、
再就職したクライアントさんの事例を具体的に紹介します。

 

氣功の五要素
①調身(体を調える) ②長息(呼吸を整える) ③調心(心を調える)

④調食(食生活を調える) ⑤調起居(自然の営みにそて生活する)

 

スポンサーリンク

 

 

クライアントKさん(40歳代 作業療法士)のお母様が、

自家製の玉ねぎを持って、

近況報告にいらしゃいました。

 

Kさんと最初に出会ったのは、
平成24年の11月中旬のことです。

 

お母様とは馴染みの喫茶店で顔なじみで、
それとなく彼女の状態を聞かされ、
お誘いしていたのです。

 

彼女は専門学校の教師職を退職後、
うつ病となり自死未遂を起こして家に引きこもってしまい、
娘を見かねた母親が想い余った状態で,
母親(70歳代)の方も、うつ病一歩手前でした。

 

一日体験をして頂き、
ふたりで本格的に養生気功を始めたのは12月に入ってからでした。

 

その養生気功教室は、
グループ-ケア「健功塾」(火曜日 4回/月 10:00:~12:00 2時間)で参加していましたが、
親子同じ教室では、
まずい情況が多々見られるようになったのです。

 

互いに気に掛けながら行うのでKさんを
他の曜日(木曜日 4回/月 10:00:~12:00 2時間)に
移動していただくことにしました。

 

Kさんの日常を聞きますと

「いつまでもズルズルと起床できない

・・・朝食はパンとコーヒーのみ・・・

今は何も考えられない」とのことで、

調飲食と調起居を促すために、

3月から月曜日/毎週 AM 6:30に近くの公園で

朝日を浴びながらの早朝気功(30~40分間)をすることを薦めました。

 

食事改善にも取り組んでいただきながら
早朝氣功にも取り組むことにしたのです。

 

 心の病は脳内伝達物質セロトニンの排出が低下しているからです。

 

 

 

【うつ病の改善食:調飲食】

◆セロトニンは体内で作られます。

それにはセロトニンとなるトリプトファンが含まれる食物を食べることです。

 

◆食材:バナナ、納豆などの大豆や豆類、リーズなどの乳製品、鰹節 など。

【うつ病の改善生活:調起居】

◆朝日を浴びる(朝型生活をする)。

 

◆リズム運動(ゆっくり運動)をする。

ウォキング、ジョギング、リズム体操、氣

功呼吸法 氣功法、食事時の咀嚼 など。

 

セロトニンは夜になると

メラトニンと言う眠りの物質となるので

セロトニンの排出はとても重要なのです。

 

・朝日を浴びながら氣功をする。

・ウォーキングをする。

・ラジオ体操をする。などでセロトニン排出が良くなります。

 

ですから早朝氣功は理にかなっているのです。

 

 

【早朝氣功の効果】

私が氣功練功初期の頃です。

 

ひとりで早朝氣功を近くの公園で行っていると、
静功(気功瞑想)時に氣が体内に満ちる体感が得られ、
地面が黄色に染まるのに出会いびっくりしたものです。

 

変性意識状態になると遠くの汽笛、
自動車の走行、鳥の声、虫の声が近くに聞こえてきます。

 

体内がほっこり温かくなり身体が浮いたように軽く感じられます。

この時βエンドロフィンが排出されているのです。

これが自然治癒が高まりです。

当然そ時は、自律神経が調っている状態なのです。

 

氣功の練功は朝日が昇る1~2時間内がベターです。

 

最近は大陸からの汚染物質の情報を聞いて
行なわなければいけません。

 

しかし公園の木立の中で行い、
朝の光を浴びながら帰るには、
早朝が一番適しています。

 

早朝の公園の木々の新鮮な酸素を
体内に取り込み朝日を浴び、
静功(静寂瞑想)をすることは至福のひと時です。

 

関連記事
氣功の静功は「瞑想」で自分自身の魂と向き合う静かな活動です

 

彼女との早朝気功は、
私にとっても清々しい気持ちとなり、
活力が全身にゆきわたり
晴れ晴れとした気分で一日が始まります。

 

関連記事
夜明けの養生氣功:朝の目覚めに太陽のエナジーを浴びる「エナジー採氣法」

 

彼女に効果が早く現れました

 

日に日に笑顔の見え始めたKさんと別れる時が来ました。

 

℡で4月から勤めますとのことでした。

 

私は仕事に復帰するには早すぎると思ったのですが、
友人が心配して就職先(介護施設のリハビリ職)を
紹介してくれたそうです。

 

働く決心がついたことは良いことですが、
無理をしないように願いながら見送りました。

 

~ ★~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 

 

それから8ケ月、平成26年1月7日(火曜日)早朝に
Kさんから健功塾に戻りたいという℡があり、
その日に再会します。

 

前回の事もあるのでじっくりと向き合える
フェイスtoフェイス・ケア(火曜日 4回/月 13:30:~14:30 1時間)
を併用することを薦めました。

 

このケア教室は、
フピリチュアル・カウンセリングが中心で、
気兼ねなく話しはできるように、
隠された悩み事を話せる時まで待ちます。

 

 

【グル―プ-ケア】

養生気功、自力整体法、瞑想法、経略気功法、

保健気功法等で自然治癒力を高めます。

 

 

【フェイスtoフェイス-ケア】

交流分析、NLP、行動心理学、気学、風水、姓名判断、四柱推命 等で

対応しながら食養生法、誘導瞑想、チャクラ瞑想法、音彩波動療法

カラー療法、言霊法、経典唱和法、写経 、リーディング法 等、

好みのものを選択してトライします。

 

潜在意識の浄化を図り元気:生きる気力を取戻し、

自立神経を調え自然治癒力を高めて行きます

 

Kさんは、グループ-ケアとフェイスtoフェイス-ケアを併用することで

自身を語り始めると止めどなく、

なかなか帰ろうとしません……

火曜日は午後から4・5時間……

彼女と過ごすことが多くなりました。
教職で教えていた事と現場のギャップ、

父親との確執など、問わず語りに話した時は、

払いの瞑想+言霊法をトライしてもらいました

 

私も「居たいだけ居ていいですよ」と言っていましたので、

時折り「あㇻ、こんな時間!お母様が心配しますよ」

と送り出すことしばしばでした。

 

Kさんは、その日によって誘導瞑想法、

瞑想法、言霊法、般若心経唱和、写経をなどを好んで選び、

潜在意識に問いかけるリーディングで自身の意識の確認をして、

自信を取り戻して行きます。

 

今度は人に頼ることなく、
ハローワークで就職先(訪問リハビリ職)を見つけ、
面接の翌日(5月20日)から働きはじめたのです。

 

★~ ★~ ★~ ★~ ★~ ★~ ★~ ★~ ★~ ★~ ★~ ★~ ★~ ★~ ★~

 

お母様は、その後の様子を丁寧に聞かせて下さり、
自身も明るい笑顔になっていました。

 

転倒して健功塾もお休みのままですが、
何より娘が元気に働く姿で、
元気をもらっている様子が伺えました。

「主人の頑固サに負けませんと帰って行きました。

 

どうぞお幸せに

笑顔で再会できる日を楽しみにしていますよ Kさ~ん ₀(^0^₀)/

 

関連記事

夜明けの養生氣功:朝の目覚めに太陽のエナジーを浴びる「エナジー採氣法」

 

あなた様の幸せな日々に、お役に立てれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

お気軽に、感想、お悩み、ご相談はこちらからどうぞ(^▽^

http://fainfo.net/contact

 

 ブログランキング参加中です。

あなた様の応援クリックが励みになります(^^♪


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

         P.S.

『灰色の状態から脱皮したスキルのヒストリー』

の無料レポートです。

↓↓↓ 他ページへリンク
脳力開発でサイキックにめざめ望む人生を生きる方法

『脳活ドリーム・ライフ物語』

①養生氣功編 ②陽宅風水編 ③言霊アフォーメイション編

④引き寄せの法則:ソールメイト編 総まとめ編 

☆章毎の読み切りとなっています。

あなた様の自己実現

お役に立つヒントがきっと見つかると存じます。

お申込みはこちらからどうぞ m(_ _ )m

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

Internet Defense League のメンバー

ページ上部へ戻る