癒しのリズムセラピー『芸術音楽療法』とは

【癒しのリズムセラピー:芸術音楽療法とは】

目 的

「癒しのリズムセラピー」とは養生気功法の理論を基盤とし、

音楽:リズムの波動を用いて体内リズムを整え、

免疫力を強化すると共に、生きる力:魂力を引き出す療法です。

 

スポンサーリンク

 

氣は生命エネルギーを指し、

命を左右するエネルギーを元気に蘇らせる氣功法に、

音楽:リズム(聴覚)、波動映像(視覚)、香り (嗅覚)等で

脳を活性化させより効果を引き出し、

心身の健康を取り戻すことを目指しています。

 

そこで体内リズムに呼応するように考案した様々なリズム功を、

その時の体調に合わせて行うことが大切になります。

 

この療法は抗加齢化、認知症予防・軽減に有効であり、

介護予防に効果を発揮できる療法であります。

 「気」の字には呼吸の意があり、「功」の字には意識的に絶えず呼吸や姿勢を調整・練習する意味がある。「気功」とは意識によって気を引き出し、体内の気の流れに沿って運行することにより、関連する臓器の機能が促進・強化されるのである。即ち気の運行によって、元気が強化され、病人の治療が促進され、身体の強壮がはかられる。自らが練習することにより元気の無くなった生命エネルギーを蘇らせることができる療法である。*「中国気功法」著:林厚省p20

方 法

1) 療法としての効果を引き出すには、

支援者はファシリテーターとして進行を司りながら

氣場(生命エネルギーの場)をつくり出す仕掛け人

として行動する様に務めることが大切です。

 

2)参加者の状態をアセスメントし、

セラピューティック・レクリエーション・サービスの三段階に於ける

援助者の役割りを踏まえて、

クライエントの活き活きとした生活自立へと導くことを目的

として行動することです。

 

3)活動援助の流れは、

利用者の分析:

①アセスメント(ssessment)

②計画:プランニング(lanning)

③実施:インプレメンテーション(mplementation)

④再分析・評価:エバリエーション(valuation)

に沿って行うことです。 

これを英語の頭文字をとってA-PIEプロセスといいます。

 

4)音楽のもつ、リズム、メロデーや歌詞から、

利用者が記憶を呼び覚まし

楽しさ(悲しさ)の共有をはかり、 

今生きている喜びを味わい、感謝し、

幸せを感じる時間を援助者と共に分かち合える場を演出

することを旨とします

 

それには、利用者の能力、

関心レベルと活動の課題レベルの関係によって

引き起こされる「楽しみのフロー(flow)」の概念を理解、

計画することが大切で

歌詞はパワーポイントソフト機能を使い前頭葉を刺激しながら

脳を活性させ脳内伝達物質排出を促す効果が増してきます。

 

5)他の職種の人たちとプロゼクトを組み、

介護度軽減を図るとともに援助者が生きがいを発見するサポートをし、

支援者は共に生きる友人として活動する努力をすることです。

 

 

【セラピューティック・レクリエーション・サービスの三段階】

「セラピューティック・レクリエーション・サービス」とは、

身体的・精神的・知的・社会的制約がある人に、

自由時間の活動・レジャー・ライフスタイルの

自立度向上の援助をすることです。

 

すなわち、

レクリエーションの自立の視点から

A-PIEプロセスを連続的に進行させながら、

治療的段階・学習的段階・自主参加段階と順次段階を経た後、

最終的に、レクリエーションの自立を目標とする援助方法なのです。

 

レクリエーションとは


きるエネルギーを再生し、増進する活動のことです。

 

 

1) 第一段階:治療的段階

・対象者:療養・静養中の方、長期療養型医療施設、老人保健施設、

デイケア、ホスピス等利用者。
   

・支援者:レクリエーション活動に必要となる

身体面・精神面・知的側面・社会的側面の

基礎能力の取得援助である。

レジャー・レクリエーション自立に関与する、

それぞれの機能障害や活動制限の

維持・改善を目的に治療的援助が行われる。

 

2) 第二段階:学習的段階

対象者:老人福祉施設、デイサービス等利用者、要支援者。
   

・支援者:自由時間の過ごし方、

レジャー・ライフスタイルを実際に体験して行く中で、

レクリエーション観を確立し、

レクリエーションに関する知識や技術を習得する。

学習的な段階である。

3) 第三段階:自主参加段階

・対象者:介護認定自立者、市民センター・福祉センター利用者、

自分の元気は自分で守る方、生涯現役を願う方。

利用者自身が自分自身の レジャー・レクリエーション観に基づいて、

自発的にレクリエーション活動に参加できるように援助する段階である。

レクリエーション活動への参加制約を改善することが目指される。

 

   第一段階から第三段階に移行するにつれて、

セラピスト、ワーカーのコントロール度は低下し、

逆に利用者の自立度は増加します。

 

スポンサーリンク

 

【フロー(flow)の概念】

フロー(flow)とは、

アメリカの社会学者チクセントミハイが指摘する

「流れ」という意味で、

活動の達成レベルと自身の技能レベルとが合致している状態で、

流れに乗ってとても気持ちよい状態のことをいます。

 

【氣功の概念】

◆氣功とは

氣功とは、体内に入った“外敵”を心の力で退治するのが氣功法の基本です。

 

自分の本来持っている免疫力を強化することによって

病気を克服することができます。

 

それを“こころ”の力:脳力によって実現する治療法なのです。

 

また氣功とは“調身・調息・調心”によって

自からの潜在能力を高める方法論であるとも言われています。

中国医学では、“気功とは真気(人体の基本エネルギー)を鍛錬し、元気(持って生まれた生命力)を養い、正気(疾病に抵抗するエネルギー)を育成して人体の免疫力と抵抗力を増進するものである”帯津三敬病院院長医学博士:帯津良一著「癒しの法則」より 

と定義されています。

 

また中国医学は予防医学で、

体内の気のバランスが崩れると未病の状態となり、

不定愁訴、動悸、発熱、発汗、悪寒、めまい等の症状を

自らの免疫力と自然治癒能力を高めることにより体調を整えて

“発病”を回避し、元気を取り戻すことなのです。

 

氣功には大きく硬氣功と軟氣功にわかれますが、

養生氣功は軟気功の内気功に属します。

 

軟氣功の射氣功と異なり自らが自身の体に施す治療法なのです。

 

◆氣功の変遷

氣功という言葉が使用され始めたのは

1958年「氣功療法実践」著:劉貴珍で、

氣功の解釈がなされた頃からです。

 

それまでは、流派によって

吐納、導引、行気、煉丹、玄功、修道、座禅、等と呼ばれていました。

 

中国では4~5000年綿々と受け継がれた功法が

2~3000種あるといわれており、

一族の中に必ず氣功師がいてそれを受け継ぎ、

更に研究を重ねて発展させています。

 

文化大革命で一時期低迷していましたが、

現在では上海大学、大連大学、南京中医薬大学等で

氣の未知数を解明する研究がなされています。

 

また中国国営病院は西洋医学医師と東洋医学医師:氣功師がいて

患者の希望する治療法を受けられるようになっています。

 

日本も飛鳥時代朝鮮からの仏教伝来と共に渡来人から、

また遣隋使・遣唐使から伝わり日本固有の氣功法が生み出されています。

 

関連記事
白隠禅師の「内観の法」で痛みに耐えています

 

明治維新以来、

西洋文化思考が強まり水面下に影を潜めて

民間療法として受け継がれてきました。

 

東洋思想が見直された昨今、

医学の領域でも東洋医学:鍼灸・漢方・気功等を学ぶ医師も輩出、

代替医療としてホスピス、デイケア、長期療養型医療施設等で

取り組む病院も出てきています。

 

関連記事
氣功初心者のための基礎知識

芸術音楽療法とPC機能の有効性について

アンティエイジングとしての『音楽回想法

癒しのリズムセラピー:芸術音楽療法を始める前に

癒しのリズムセラピー:芸術音楽療法の目的と特徴

あなたの体が目覚める「癒しのリズム功」アンケート

芸術音楽療法:刺激曲の「同質の音楽」と「異質への転動」

第67回全国レクリエーション大会・福岡大会研究ホーラム セッション40

 

あなた様の日々の健康と活動に、お役にたてば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

お気軽に、感想、お悩み、ご相談はこちらからどうぞ(^▽^

http://fainfo.net/contact

 

 ブログランキング参加中です。

あなた様の応援クリックが励みになります(^^♪


人気ブログランキング

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

         P.S.

『灰色の状態から脱皮したスキルのヒストリー』

の無料レポートです。

↓↓↓ 他ページへリンク
脳力開発でサイキックにめざめ望む人生を生きる方法

『脳活ドリーム・ライフ物語』

①養生氣功編 ②陽宅風水編 ③言霊アフォーメイション編

④引き寄せの法則:ソールメイト編 総まとめ編 

☆章毎の読み切りとなっています。

あなた様の自己実現

お役に立つヒントがきっと見つかると存じます。

お申込みはこちらからどうぞ m(_ _ )m

 

スポンサーリンク

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

Internet Defense League のメンバー

ページ上部へ戻る