芸術音楽療法とPC機能の有効性について

音楽療法実践時に、

PC機能のMPとPP機能を使って、

初めて実施したのは、平成18年9月のことです。

慢性期療養型医療施設K病院の難病病棟患者様対象の

「癒しのレクリエーション」を引き受け、

入院患者の心へ「癒し」を、

どの様に届けることができるか試行錯誤した結果、

音楽と文字(色・光・)の効果が期待できる

PC機能使用を試みることにしました。

 

スポンサーリンク

 

レクリエーション財としての音楽効果を高めるPC機能

「レクリエーション」とは、生きる意欲の再生活動です。

ただ“癒される”だけでなく、

現実を受け止め、

明日への生きる希望がもてる

プログラムの提供を目指してきました。


施設内でさらなる取り組みを充実させるために、

三年後にプログラム名を癒しへの招待~リフレッシュ・ケア』 

と変更して行なっています。

 

メディアプレーヤーを使って

CD、DVDの映像と

音楽、パワーポイントを使って文字と

絵画・写真の組み合わせの効果は、

数多くクライアントの反応に励まされながら、

進化し続けています。

 

それには、クライアントの季節と生活歴、

社会情勢にあった今を、

敏感に反応できるプログラミングが肝要です。

私自身の感性を磨いていくことが要求されます。

 

また、クライアントとケア・スタッフ、

御家族の世代差を、

考えた選曲と言葉かけ、

何よりも前半プログラムの気功×レクリエーション手法

を用いたリズム功で、

硬い心の扉を開く工夫をすることが、

効果の要因になっていると考えられます。

 

PC周辺機能を付加して

最近では、

介護度5のクライアントさんと御家族の参加が多くなり、

私自身もお一人お一人の症状のことなるライアントさん

への介助の学習になっています。

 

昨日に使用したDVD「音彩療法」、

CD「倍音音楽」:MP使用。

 

「仕立物承す」「かあさんの下駄」パワーポイントとCDプレイヤー使用は、

効果がクライアントの方々へ顕著に表れました。

 

常連さんのHさん(男性)は、

私の話しに答えたり、

Sさん(男性)は、

ケア・スタッフとの会話が、はずんでいます。

特に、うつろな瞳のAさん(女性)が

了後覚醒した瞳に、

脳溢血で介護度5のTさん(女性)が

終了後のリハビり検査で、

握力が5から9に上がったとの報告がありました。

 

こころの風船に弾力が戻ったと考えます。

関わった皆様のお陰です。

ありがとうございます。

 

関連記事

癒しのリズム・セラピー:芸術音楽療法への取り組み

 

あなた様の日々の活動に、お役に立てれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

お気軽に、感想、お悩み、ご相談はこちらからどうぞ(^▽^

http://fainfo.net/contact

 

 ブログランキング参加中です。

あなた様の応援クリックが励みになります(^^♪


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

         P.S.

『灰色の状態から脱皮したスキルのヒストリー』

の無料レポートです。

↓↓↓ 他ページへリンク
脳力開発でサイキックにめざめ望む人生を生きる方法

『脳活ドリーム・ライフ物語』

①養生氣功編 ②陽宅風水編 ③言霊アフォーメイション編

④引き寄せの法則:ソールメイト編 総まとめ編 

☆章毎の読み切りとなっています。

あなた様の自己実現

お役に立つヒントがきっと見つかると存じます。

お申込みはこちらからどうぞ m(_ _ )m

スポンサーリンク

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

Internet Defense League のメンバー

ページ上部へ戻る