癒しのリズムセラピー:芸術音楽療法の目的と特徴

「癒しのリズムセラピー:芸術音楽療法」は

レクリエーションの門を叩いて以来、

30年余をかけて開発した

レクリエーション技法とパソコン周辺機能等を加味、

難病病棟の現場から通常ケアまで対応できる

レクリエーション療法をシステム化した

アンチエイジング・メソッドです。


スポンサーリンク

目 的

中医学に基づく養生氣功をベースにし脳内バランスを調え、

更に五臓六腑に働きかけ、

音楽の持つ癒し効果を取り入れながら

人体本来の生体リズムを調えて自然治癒力を高める養生法

自己を癒し生きている喜びを味わい、

生きる意欲の再創造を目的とします。

 

システムの特徴

「癒し」をリズムによってアプローチしていくところです。

 

またケアスタッフがクライアントと共にプログラム体験で、

個別ケアの情報を観察収集及び自己評価する過程で

EQ(心の知能指数)を高め、

ケアスタッフが自身をスキルアップして行くことにあります。

 

実施の心得

1)実施者はファシリテーターとして進行を司りながら、

氣場(生命エネルギー)を創り出す仕掛け人として行動

するように努めることが大切です。

 

2)対象者の状態をアセスメントし、

セラピューティック・レクリエーションサービスの

三段階に於ける援助者の役割を踏まえ

クライエントの活き活きとした

生活自立へと導くことを目的として行動しましょう。

 

3)活動援助の流れは、

利用者の分析:

 

① アセスメント(Assessment)

 

② 計画;プランニング(Planning)

 

③ 実施;インプレメンテーション(Implementation)

 

④ 再分析・評価;エバリエーション(Evaluation)

に沿って行うこと。

 

これを英語の頭文字をとってA-PIEプロセスといいます。

 

4)音楽のもつ、リズム、メロディーや歌詞から

使用者が記憶を呼び覚まし、

楽しさ(悲しさ)の共有をはかり、

今生きている喜びを味わい、感謝し、

幸せを感じる時間を援助者と共に分かち合える環境

創ることに努めましょう。

 

それには、利用者の能力、

関心レベルと活動の課題レベルの関係によって

引き起こされる「楽しみのフロー(flow)」の概念

理解し計画することです。

 

5)他の職種の人たちとプロジェクトを組み、

介護度軽減を図るとともに、

生き甲斐を発見し、

共に生きる友人として活動する努力をすることです。

 

スポンサーリンク

 

実施プログラムの起承転結

◆ステージⅠ 起:癒しの環境を整える。

[照明:薄明]

① 波動法(音・光・色・形)と除菌消臭液+アロマの効果で、

室内の磁場を整え癒しの環境を調える。

 

② PC周辺機能のメディアプレイヤー又は、

パワーポイントを使用し、

音楽(メロディのみ)の効果を最大に引きだす。

 

③ 開始20~30分前より環境調整を行なう。

 

④ 早く会場へお越しのクライアントの対応にも備える。

 

◆ステージⅡ 承:脳内リズム・体内リズムを整える。 

[照明:全照]

① 気功呼吸法:自立神経を調え、

脳内伝達物質(セロトニン)の排出を促す。

 

リズム功:適度な脳内伝達物質(ドーバミン)は

排出を促して行く。

共感脳を刺激する。 

 

③ 音韻・和音・言霊・滑舌法等:五感と五臓六腑に働きかけ、

心地よさを味わいながら脳内&体内リズムを調えて行く。

 

◆ステージⅢ 転:脳内活性を図り、自ら生きる力を引き出す。

[照明:薄明]

① パワーポイント(歌詞:映像等をアニメーション設定)を使用し、

発語を促し(心唱~歌唱)前頭葉の活性をはかる。

 

② 音楽(幼児期から老年期:現在)回想法で、

自らの生活で出合った音楽で、

記憶脳を刺激して懐古と元気な姿、

困難を乗り越えた自身を思い起こし、

エンパワーメントを引き出す切っ掛けを提供する。

 

③ 朗読:シャンテの手法で詩、短歌、俳句、ハガキ随筆、

四季の映像等の紹介で現在を生きている実感を

味わうプログラムとする。 

 

◆ステージⅣ 結:αエンドルフィンの排出を促し、自然治癒力を高める。

「照明:暗転」

絵画や写真等の動画と音楽で

1/f音楽で≪脳波α2≫を保つ瞑想状態の環境を提供する。

 

ゆったりとした時間の中で、

心地よさの情動がうっ積したストレスの軽減により、

顕在意識優位から潜在意識優位となり、

生きる意欲を引き出すきっかけとなります。

 

  ≪以上はクライアントと支援者共通プログラムです≫

 

◆ステージⅤ クライアントの参加状況観察評価&自己評価

≪事後、支援者が行なうプログラムです≫

① 観察評価の基準に従って、

プログラムをフィードバックし

、気づきの評価を行なう。

 

② 観察評価を通常ケアに繋げる再アセスメントを行なう。

 

日頃と異なる言動、

行動にどの様な対応を行なったか。

又は情動を感じたか、共感できたか等、

このレクリエーション療法が、

ケア・スタッフの心の知能指数アップと相まって、

クライエントの自己実現支援になること

を、願っています。合掌

 

関連記事

芸術音楽療法とPC機能の有効性について
癒しのリズムセラピー『芸術音楽療法』とは

癒しのリズム・セラピー:芸術音楽療法への取り組み

 

あなた様の日々の活動にお役にたてば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

お気軽に、感想、お悩み、ご相談はこちらからどうぞ(^▽^

http://fainfo.net/contact

 

 ブログランキング参加中です。

あなた様の応援クリックが励みになります(^^♪


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

         P.S.

『灰色の状態から脱皮したスキルのヒストリー』

の無料レポートです。

↓↓↓ 他ページへリンク
脳力開発でサイキックにめざめ望む人生を生きる方法

『脳活ドリーム・ライフ物語』

①養生氣功編 ②陽宅風水編 ③言霊アフォーメイション編

④引き寄せの法則:ソールメイト編 総まとめ編 

☆章毎の読み切りとなっています。

あなた様の自己実現

お役に立つヒントがきっと見つかると存じます。

お申込みはこちらからどうぞ m(_ _ )m

 

スポンサーリンク

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

Internet Defense League のメンバー

ページ上部へ戻る