Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/noukatu3215/fainfo.net/public_html/wp-includes/post-template.php on line 293

【脳活通信52】童謡の秘密「浜千鳥」は、生きる意欲の再生の歌だった!

2018年は「童謡誕生100年」になります。

 

文芸雑誌『赤い鳥』が発刊(大正7年(1918年)7月1日)されました。

 

純粋な子どもたちの“心”により添った芸術として、

『赤い鳥』は日本を代表するすぐれた詩人や

作曲家の多くが参画し、

ここからたくさんの素晴らしい童謡が生まれました。

 

スポンサーリンク

 

 

【幼子のルーティン】

幼児期、夕食後のルーティンは、

療養中の母から贈られた「童謡の絵本」を抱きかかえて

私は、マダマダと足踏みをしながら

伯母の食事の後片付ける後姿を見ていたものです。

 

食後の小一時は、伯母の膝の上を独占して、

伯母の唄う声と余白に書かれた、

母からのメッセ―ジを読んでもらうのが常でして、

今、思うに、

私にと摂って、

食後は子ども心に母の愛を感じるひと時だったのです。

 

その多くの童謡の中でも、

少女期から青春時代に気にかかる童謡があります。

その一つが「浜千鳥」です。

 

 

【不思議な詩】

 

🎶 青い月夜の浜辺には

  親を探して鳴く鳥が

  波の国から生まれ出る

  濡れた翼の銀の色 🎶

 

♪青い月夜の浜辺には・・・

なぜか物悲しくなる、旋律と歌詞です・・・

 

♪親を探して鳴く鳥が・・・とくると、

幼くして亡くした母の面影を探している自分がいたもので、

「この鳥は私!、私のことを詠った歌!」

泣き出してしまったことがあります。

 

どうゆう訳かこの童謡には、

悲しい想いが見え隠れしますし、

聞く人へ、何か訴える響きがあります。

 

千鳥は俳句の冬の季語です。

額面通りに解釈すると、

凍てつくような寒さの中の月光の浜辺を、

はぐれた親を探し求めて鳴く千鳥を

詠っていることになります。

 

スポンサーリンク

 

ところが、歌詞をよく読むと、

ちょっと意味が違ってきます。

♪親を探して鳴く鳥・・・が、

浜辺をトボトボと歩くのでなく、

♪波の国から生まれ出る・・・となっているのです。

 

寄せては返す波から…何が生まれ出るのかしら???

 

♪濡れた翼の銀の色・・・

鳥の翼が月の光に照らされ、

キラキラと銀色に光っている・・・

(?_?)なぜ、ナゼ、ナゼ???

 

益々不思議な詩です。

 

 

【「浜千鳥」の秘密】

この歌の定説では、

作詞家鹿島鳴秋キョウシュウ が

19歳で亡くなった娘を偲んで

作った童謡だと言われています。

 

それは間違っていたのです。

 

「浜千鳥」の歌碑は、

千葉県の花園海岸、高知県の大山岬、

三重県の津高校校庭に在り、

どこも作詞鹿島、作曲弘田の住んだ処に建っています。

が、

もう一か所、

新潟県の柏崎海岸にこの歌碑があります。

 

それも“童謡「浜千鳥」が生まれた浜”と刻まれているのです。

 

鹿島も弘田もこの地には住んでいませんでした。

 

文芸雑誌「少女号」の編集長鹿島鳴秋キョウショウ が

中村葉月と友人の桑山太市郎を柏崎に尋ね、

月明かりの浜辺を三人で散歩していた時に、

この詩が生まれたと「童謡の秘密」で書かれています。

 

その時、鹿島は「こんな童謡ができたよ」と笑って、

桑田太市郎に手渡したのが『青い月夜の浜辺には・・・』だったのです。

 

その年は大正8年で、ひとり娘の昌子さんが亡くなったのは昭和6年で、

この詩が出来て12年後に昌子さんは身罷っているので、

♪親を探して鳴く鳥・・・

は娘さんでないことは確かです。

 

このことを知って、

愛娘が波にさらわれ・・・と

それまで死と直結する歌だと思っていた私は、

ショックを受けました。

 

♪波の国から生まれでる・・・

不気味に感じていた「生まれでる」は、

死ぬのでなく、「生まれる」のです。

 

娘が死んで波にさらわれて行くのでなく、

荒波に揉まれて苦しんできた自分の人生を振り返り、

それを立派に乗り越えて来たからこそ、

いま、立派に光り輝く

♪濡れた翼の銀の色・・・

だと、歌っているのではないか、

過ぎた昔も、ここまで耐えてきた苦労も

♪月夜の国へ、消えてゆく・・・

と記したのは、まさに鹿島の実感だったのではないか.。。。

 

と、「童謡の秘密」の著者、合田道人ミチト 氏は述べています。

 

童謡「浜千鳥」はまさに

「生きる意欲 ≪エネルギー≫ 再生」の歌なのです。

YouTube「浜千鳥」

 

高齢者施設では、

童謡がよく歌われています。

 

私はこの歌を唄う時は、

この事実を告げて、

歌った後、「拍手を自分に贈りましょう」

と、自分自身を称える事をお勧めしています。

YouTube「浜千鳥」

 

あなた様も是非そうなさってください。

 

おすすめ記事
酷暑の熱中症予防は万全ですか?

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

お気軽に、感想、お悩み、ご相談はこちらからどうぞ(^▽^

http://fainfo.net/contact

 

 ブログランキング参加中です。

あなた様の応援クリックが励みになります(^^♪


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

Internet Defense League のメンバー

ページ上部へ戻る