養生氣功:下丹田カタンデン と臍下丹田セイカタンデンの違い

昨日の氣功の準備運動「予備式」と「入静」の入静方法

⑥『意識を体の一点(下丹田など)に集中する』を

少し詳しく説明します。

 

まだでしたら、こちらからどうぞ

氣功の準備運動「予備式」と「入静」

 

スポンサーリンク

 

丹田とは

丹田(タンデン)は薬の田圃(タンポ)と言う意味です。

 

この丹田は、

身体の何処に在るのか?

 

意識をしなければ

何処にも無いのです。

 

意識(イメージ)をして、
練功中に創って行くのです。

 

何処に?

 

頭の中心に、胸の奥に、お腹の真ん中
にです。

 

その呼び名を、

上から上丹田(カミタンデン)、

中丹田(ナカタンデン)、

下丹田(カタンデン)と

気功では称します。

 

それは、

点ではなく、

面でもなく、

丸い球状のものを意識

して、つくって行きます。

 

スポンサーリンク

 

初心の頃、

『意識を体の一点(下丹田など)に集中する』

との文章に出会った時、

上記の知識から、

私は、どの様に理解したら良いか

しばらくの間、戸惑っていました。

 

気功仲間も、

首を傾げるばかりで、

明確な答えが得られません。

 

「経絡養生講座」を受けた際に、

解明することが出来ました。

 

『意識を体の一点(下丹田)に集中する』とは、

『意識を体の一点:気海穴(キカイケツ)に集中する』

いっているのです。

 

スポンサーリンク

 

下丹田は気海穴ではない

しかし、

下丹田は、経穴のことではないのです

 

① 1976年5月:日本経穴委員会

決定経穴番号「14任脈(ニンミャク)上の6番:気海」

 

② 広辞苑や広辞典には、

丹田:臍の下の部分で

『臍下ーー』と、記載されています。

 

日本に中国医学が、

導入された初期の頃に、

言葉の意味を間違って解釈されたと考えられますが、

臍下三寸を臍下丹田(セイカタンデン)と称していたことが

慣用語になたのだと推察されます。

 

下丹田一点に集中すると言われた時は、

経穴『気海』を指しているのだと理解してください。

★気海穴:へその下3寸の箇所。

 

入静の折りに行う

「下丹田に納める」「下丹田を通って・・・」等は、

お腹の中のことです。

 

 

気海穴とは

『気海穴』は、ヨーガで言うところの

『マニプーラ・チャクラ』で、

瞑想の折りには重要な経穴となります。

 

氣を下丹田に

生命エネルギーを納める(薬の田圃をつくる)ことにより、

体内の磁場が調って、

五臓六腑が活発に働き始めるのです。

 

関連記事
氣功の準備運動「予備式」と「入静」

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

お気軽に、感想、お悩み、ご相談はこちらからどうぞ(^▽^

http://fainfo.net/contact

 

 ブログランキング参加中です。

あなた様の応援クリックが励みになります(^^♪


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

         P.S.

『灰色の状態から脱皮したスキルのヒストリー』

の無料レポートです。

↓↓↓ 他ページへリンク
脳力開発でサイキックにめざめ望む人生を生きる方法

『脳活ドリーム・ライフ物語』

①養生氣功編 ②陽宅風水編 ③言霊アフォーメイション編

④引き寄せの法則:ソールメイト編 総まとめ編 

☆章毎の読み切りとなっています。

あなた様の自己実現

お役に立つヒントがきっと見つかると存じます。

お申込みはこちらからどうぞ m(_ _ )m

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

Internet Defense League のメンバー

ページ上部へ戻る