【脳活通信10】世間にこびずに!

今日は出会って3ケ月の友人の祝いごとで、

思い出した言葉があります。

 

【吉川英治文学との出会い】

あれになろう、これになろうと

焦心アセル より、富士のように、

黙って、自分を動かないものに作りあげる。

世間へ媚びずに、

世間から仰がれるようになれば、

自然と自分の値うちは世間の人が

きめてくれる。 吉川英治著「宮本武蔵」より

 

スポンサーリンク

 

中学生の頃、

吉川英治文学と出会いました。

 

姉が図書館で借りてきた、

「平家物語」を熱心に読んでいる姿に刺激され、

そんなに夢中にさせることが書いてあるのか、

いぶかしく?!

 

姉の読み終えた後から私も傍で、

25巻読破します。

 

そこには、

目からウロコが落ちる衝撃的な事柄が綴られていました。

 

 

【勝てば官軍負ければ賊軍】

勝てば官軍負ければ賊軍!

源氏は官軍平家は賊軍!

 

平清盛は悪者で、

源氏は良い人達…

との世評を( ^ω^)・・・

信じていた私の常識を

一新してくれました。

 

高校に入ってもう一度読み直し…

平家の井戸守夫婦の目で啜った平家盛衰の物語・・・

吉川英治氏の濃やかな描写は、私の心を虜にしました。

 

私の誕生地は平家終焉が語られる関門海峡の

九州の出入り口門司港レトロ地区です。

 

読み終わると「宮本武蔵」をすぐに読み始めます。

 

…余りにも有名な、武蔵と小次郎の決闘の巌流島(舟島)は、

関門海峡の西、下関側にあります…

 

武道家友人の付設35年の朗報を知って

「宮本武蔵」の文章を思い出したしだいです。

 

その当時の吉川英治文学は、

純文学より大衆文学だと低く評されていました。

 

この下りの描写は、吉川氏本人の信条として、

私は解釈しています。

 

氏の作品や随筆等は、

青春の憂愁で

悶々とする私の心を癒してくれたものです。

 

どうやって生きて行けばよいかと

悩んでいるだけでは前には進めません。

 

誰も他人には生き方は教えられません。

 

自分自身で見つけるしかないのです。

 

やらないより、

やって失敗して、

そこから学ぶ…

その繰り返し…

が人生だと先達は言います。

 

その前に自分自身…

潜在意識:アーカーシックレコード… に問いかける!

 

関連記事
氣功静功は潜在意識(アーカシックレコード)に繋がる瞑想法

 

そこに私自身の答えがあるのです。

 

それをある人は、

神と言い、

メンターとも言い、

守護霊からの啓示

とも言っています。

 

顕在意識に振り回されない日々を送りたいものです。

 

おすすめ記事
【脳活通信24】言い訳せずに、今すぐにやる!

【脳活通信25】当たり前の幸せなどない

【脳活通信26】望むものを手にするには、失う勇気を…

 

スポンサーリンク

 

【今日の一言】

知識を与うるよりも感銘を与えよ。

感銘せしむるよりも実践せしめよ。坪内逍遥「文芸と教育」より

 

行動から感動が生じ、

行動から自信が生じ、

行動から友情が生じ、

行動から歴史が生じ、

行動から文化が生じ、

行動から無から有が生まれるのです!

 

リアルビジネスでもwebビジネスでも同じですよ㋧

 

真摯に自分と向き合って歩いている友人

と出会えたことに感謝しています。

 

世間にこびずにありのままに表現できる

生き方をしたいものです。

 

ではこれにて、お開きといたします。

 

おすすめ記事
人気占い師sakkoの今日の運勢☆要注意!

あなた様を、やすらぎへと誘います・・・ 摩訶般若波羅密多心経偈文

脳活開運言霊:ことだま「般若心経」の威力

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

お気軽に、感想、お悩み、ご相談はこちらからどうぞ(^▽^

http://fainfo.net/contact

 

 ブログランキング参加中です。

あなた様の応援クリックが励みになります(^^♪


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

         P.S.

『灰色の状態から脱皮したスキルのヒストリー』

の無料レポートです。

↓↓↓ 他ページへリンク
脳力開発でサイキックにめざめ望む人生を生きる方法

『脳活ドリーム・ライフ物語』

①養生氣功編 ②陽宅風水編 ③言霊アフォーメイション編

④引き寄せの法則:ソールメイト編 総まとめ編 

☆章毎の読み切りとなっています。

あなた様の自己実現

お役に立つヒントがきっと見つかると存じます。

お申込みはこちらからどうぞ m(_ _ )m

 


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

Internet Defense League のメンバー

ページ上部へ戻る