【脳活通信56】「2人に1人はガンになる」ガン相談に行こう!

【ガン相談に行こう!】

 

ガン検診でなく“ガン相談に行こう!“なのです。

 

最近は、「がん検診」キャンペーンより、

「ガン相談」キャンペーンが盛んになってきています。

 

九州圏内の[ガン専門相談員」が集結して、

北九州市で第1回ガン相談シンポジウムを開催しました。

 

 

 

そこでも

国立ガン研究開発センター

ガン対策情報センター情報提供研究部長の講師の方が

将来「2人に1人はガンになる」とおしゃっていました。

 

 

それは、何時!とは言わずに・・・・・。

会場は不安の空気に包まれます。

ガンと聞けば、を連想させる病です。

我が身に起これば頭が真っ白になります。

 

仕事のこと、

経済的なこと

家族のこと、

何にもまして、

病のこと・・・

 

しばらくは、

現実を受け入れられない

状態が続きます。

 

現在、

身内に一人、友人、知人にも・・・

四名死亡、20年目に再発して

闘病中の友人が1名います。

 

いづれも

30代から40代にかけて発病しています。

 

歳を重ねるとは、

ガン年齢になるということで、

死に近づくという事ですね。

 

少しでも不安を取り除きたいと

調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

【“2人に1人はガンになる”は何時イツ?

ガンと診断される人の割合は1985年以降増加しています。

生涯でガンと診断される確率は男性で62%、女性で46%である。

     国立がん研究センターがん対策情報センターの2013年データより

これが「日本人の2人に1人がガンになる」という根拠のようです。

診断技術の向上も関係しているので

「半分の確率でガンになる」といわれると、

誰でも不安になります。

 

身内にガン患者がいる人は、

なおさらですよね!

 

実際にガンになるとしても、

それが自分自身にどれほど差し迫ったものかは、

年齢によって大きく異なるからです。

国立がん研究センターがん対策情報センターのデータによれば、たとえば30歳男性なら、10年後の40歳までにガンと診断される確率は0.5%だ。この確率は20年後の50歳で2%、30年後の60歳でも7%にとどまる。あくまでも統計的にみれば、60歳までの現役世代のうちにガンになる確率は10人に1人以下に過ぎない。東洋経済

これはあくまでもの話しです。

 

だからと言って、

私があなたがガンにならないとは、

言えません。

 

なぜなら、

毎日ガン因子細胞は体内に発生しているからです。

      ↓ ↓ ↓

細胞ががん化する仕組み

「2人に1人がガンになる」のはいったいいつだろうか? 現在30歳の人なら、男性は50年後の80歳で42%、女性は50年後の80歳から天寿を全うするまでの間の46%である。 東洋経済

日本人の平均寿命は男性80歳、女性86歳で、

死亡の確率が半分になる頃とほぼ一致します。

 

ガンは身近な病気とはいえど、

「2人に1人」の確率になるのは、

ほかの要因も含めて

死亡のリスクが高まる世代になってからなのです。

 

という事は知っておきましょう。

 

 

【ガンになっても働ける時代】

◆40代後半になって乳がんを発病した友人がいます。

乳房摘出して、3年目に脊椎に転移・・・

週1の病院通いで、

離職することなく自分らしさを保ち

一昨年旅立ちました。

 

私の所属するNPOの事務職員で、

彼女の経理と事務・業務は抜群で‥‥

彼女には、大学生と高校生の2児の母親、

治療費は自分で稼がないといけない・・・

がん再発と言わないで働きたい・・・

(仕事を)手伝って欲しい。

と、頼まれました。

 

私はその、

団体に常任理事として長年携わり、

NPO法人化してきた推移がありますので、

出来る限り事務所に出向き、

事務業務を手伝い、

暇をみては、ストレス・ケアを

彼女に施術する日々を過ごします。

 

 

…彼女の食養生は徹底していました…

 

 

2年目の初秋、

“薬が効かなくなったの!”・・・

 

それでも彼女は、

気丈に仕事を熟コナ し、

11月の休暇には、彼女が運転して、

親子で阿蘇高原のドライブを満喫・・・。

 

クリスマスイブに急きょ入院、

正月2日未明に他界。

 

初七日では、

ジックリご主人、娘さんと

お話しができました。

 

ご主人は、

“まさかシヌとは思っていなかったです!

家のことは一切まかせていたから、

何がどこにあるやら、

どこがどうなっているやら。。。

夕刻には(*>∀<*)ノただぃま★ーと帰ってくる気がして。。。“

 

娘さんも、グズグズしてると、

“後から大きな声がしてくるようで、

振り返ってみるんです…。

いつもそばにいる様な気がして。。。

 

彼女は、

母親として、

妻として

立派に自分の人生を生き抜いたのです。

 

ご主人がおっしゃいますのに、

“死因はガンではないのです。

ガンは大きくなってなく、

肝臓がボロボロで機能を失くしてしまい、

肺に水がたまったのが原因です”

 

遺影の彼女は、

ニッコリほほ笑んでいます。

 

娘さんお二人は

社会人へ、

大学進学へと、

父親より母親を頼りにする年頃です。

 

馴染みの深い次女には、

いつでも相談に乗ることを

約束して、

お暇イトマ しました。

 

◆40代の塾生の一人で、

乳がと診断され、

3ヶ月で他界しました。

“彼女に治療してもらう時は、

ここちよくなるの”・・・と

評判の歯科衛生士で、

氣のオーラが見える彼女でした。

 

 

◆病弱な姉も40代で乳がん発病、

乳房摘出しましたが、

転移はなく肺炎で他界、

享年64歳でした。

 

~^~近年はガンで亡くなるより、他の病気で亡くなることが多いようです~^~

 

 

◆20年目で背骨に転移した友人(78歳)は、

20年前のがん細胞と同じ組織なので、転移という事だそうです…
 

“もういいのよ充分に生きたから…

月2回の治療日には従姉妹が

大分から来てくれるから、

治療に専念するだけよ!”

 

彼女は、

40代から

直腸がん~乳がん~肝臓がん~いづれも摘出手術です。

それでも65歳まで働きました。

 

肝が座っています。

 

“誰にも言わないでね。

あんただけに言っとくから”

 

あっけらかーんと

していましたが、

心の中ではいかばかりかと。

 

掛かりつけ医は、

北九州市立医療センターで

ガン専門病院ですので、

一安心です。

 

そこには、

「ガン相談支援センター」もあります。

 

◆恐いのは「すい臓ガン」です。

沈黙の臓器で、

「すい臓ガン」と診断された同級生の親友は、

一ヶ月ただずに一歳児を残して、

あの世に逝ってしまいました。

享年30歳でした。

 

暗い話しばかりでごめんなさい。

 

あなたの周りにも、

この様な方が、

一人や二人いらっしゃるのではないでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

【ガン相談支援センターの役割】

「ガンになってしまった…考えると眠れない」

「こんな些細なことでも、相談してもいいのかな?」

悩み事、経済的なことなども相談OKなのです!

 

また支援センターは、

センター内で受診していなくても

相談を受けつけます。

 

セカンドオピニオン、

サードオピニオン紹介も

ネットワークで繋がっていて、

県外転院も可能・・・

ガン専門の相談員が

お話しをうかがうことになっています。

 

例えば

・ガンの病気や治療について。

・医者との関係性について。

・療養生活について。

・心の悩みについて。

・生活や経済的なことについて。

・治療中や治療後の仕事について。

・家族の事について。

・患者会について。 

 

モット詳しくはこちらからどうぞ
     ↓ ↓ ↓
あなたを支えるガン相談支援センター

 

 

【まとめ】

医学の発達した昨今です。

“供えあれば憂いなし“ですね。

シンポジウムで登壇者が言っていました。

小児ガンと希少ガンの拠点病院が少なく、

是非「ガン相談支援センター」を

お尋ねくださいとのことです。

   ↓ ↓ ↓

がん相談支援センターを探す

小児がん著店病院を探す

希少がん診療の実績から探す

緩和ケア病棟のある病院を探す

 

ただただ恐れず、

 

不安を自ら掻き立てず過ごしたいものです。

 

それには、食養生と、

 

一日のストレスを軽減するために

 

養生氣功の静功(静寂瞑想)をお勧めします。

 

自らの虚弱体質改善と交通事故後遺症改善に取り組んできた

 

内(軟)氣功が、

 

免疫力を増進し、

 

自然治癒力を高める
ことを知るにつけ
日々の練功にモチベーションが上がります。

 

 

18歳までの命とささやかれながら、

 

仕事を熟コナ し、父を看取り、姉を看取るストレスを

 

養生氣功の動功法と静功(静寂瞑想)で乗り切ってきました。

 

 

シンポジュームを拝聴していても、

 

それほど心は騒がす。。。

 

淡々と受け止めることができました。

 

取り越し苦労はしないで、

 

日々を清楚に・・・

 

飽食しないで、

 

養生怠りなく

 

人生の最終章を迎え入れ

 

天寿を全うして行く事を、

 

自身に誓った次第です。

 

あなたに

1日数分間の

頭をクリアー(空)にする

静寂瞑想をお勧めします。
 

穏やかな日々をお過ごしください。
 ↓ ↓ ↓
免疫力を高める「氣功呼吸法」

 

氣功の静功は「瞑想」で自分自身の魂と向き合う静かな活動です

 

養生氣功:氣を練る…静功(静寂瞑想)は「ブッダの瞑想」に繋がる

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

あなた様の健やかな日々に、お役に立てれば幸いです。

お気軽に、感想、お悩み、ご相談はこちらからどうぞ(^▽^

http://fainfo.net/contact

 

 ブログランキング参加中です。

あなた様の応援クリックが励みになります(^^♪


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

Internet Defense League のメンバー

ページ上部へ戻る