【脳活通信16】なぜかうまくいっている1%の人は

【他人の評価】

 

うまくいっている1%の人は、

自分の満足感を大切にする。

うまくいっていない99%の人は、

他人の評価を気にする。  PHP出版

 

他人の評価や点数よりも

自分の満足感を重要視しましょうということです。

 

スポンサーリンク

 

そういえば、30代40代のころは、

他人の目より、

自分の与えられた課題をクリアすることに専念して

達成感を味わうことで、

先輩後輩の評価は気にしませんでした。

 

人がどう思っているかは、

気にならないことは、

ありませんでしたが、

上司への告げ口…評価や批判は

成長の糧としていたキライがありました。

 

あの人に批判されない様にする方法を探してみても…

笑顔で接すればするほど、

批判する人はどんなことでも批判するのです。。。

てことを知ることになります。

 

スポンサーリンク

 

1/100の理解者

妬みであったり、嫉妬であったり…

本当の評価は、自分でする。

100人中99名の人が理解してくれなくとも

1人の理解者があったら生きて行ける。

 

私は間違ったことはしていない!

 

あなたもこんな時代を過ごしてきたのでは

ありませんか?

 

私は世の中の役にたっている!

私が尊敬する人は、キッと見ていてくれる。

 

神様はキッと見ていてくださる。

 

他人の評価に一喜一憂しても、

自分の本質的な満足にはつながらない。

 

しかし、自己満足にならない様にしょう!

 

そうやっていると、

必ず同志と言える賛同者が集まってきます。

 

それをまた派閥を作ると言う人もいます。

 

何事も成すには、一人の力ではできません!

 

・政治の世界しかり…

・社会に貢献できる企業しかり…

・住みやすいコミュニティーしかり…

・幸せな家庭をつくることにもしかり…です。

 

自分で下す評価は、

満足感や達成感が高いか、

低いかです。

 

目指す目標は、

深い満足感、

高い幸福感の持ち主になるよう

毎日を過ごしたいものです。

 

スポンサーリンク

 

【今日の一言】

今日、あなたは何人の人を

幸せな笑顔にできましたか? noukatuNoriko

 

自問自答しています。

 

本当の向上心は、自分を満たそうという

希望から生まれます。

 

マイナス情報が2件もやって来た今日、

自分に気合を入れています。

 

あなたは、連休日をどうお過ごしになりますか?

有意義な休日であることを願っています。

 

おすすめ記事
人気占い師sakkoの今日の運勢☆要注意!

 あなたが幸せをつかむ確実な方法

もっと豊かに、もっと幸せになりましょう

望むものにだけ気を払う「引き寄せの法則」

今、あなたは何色が好きですか?身に着ける「色」で望む人生を掴みましょう!

 

では、これにてお開きとします。

最後までお読みいただきありがとうございます。

お気軽に、感想、お悩み、ご相談はこちらからどうぞ(^▽^

http://fainfo.net/contact

 

 ブログランキング参加中です。

あなた様の応援クリックが励みになります(^^♪


人気ブログランキング

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

         P.S.

『灰色の状態から脱皮したスキルのヒストリー』

の無料レポートです。

↓↓↓ 他ページへリンク
脳力開発でサイキックにめざめ望む人生を生きる方法

『脳活ドリーム・ライフ物語』

①養生氣功編 ②陽宅風水編 ③言霊アフォーメイション編

④引き寄せの法則:ソールメイト編 総まとめ編 

☆章毎の読み切りとなっています。

あなた様の自己実現

お役に立つヒントがきっと見つかると存じます。

お申込みはこちらからどうぞ m(_ _ )m

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. 本当の自分が真摯に向き合えたかどうか知っております。
    しかし、経験が浅いうちは周囲に惑わされますね。
    他人の評価は関係ありません。
    自分に正直に生き続けると、見えてきます。
    良い記事をありがとうございます。

  2. ご訪問ありがとうございます。

    真摯に自分と向き合う事は、歳を重ねるとやって来るものですが、

    その年の重ね方にもよりますね。

    明日も健やかにお過ごしください。

  3. ありがとうございます^^

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

Internet Defense League のメンバー

ページ上部へ戻る