氣功静功:「導引呼吸」で脳力アップ!!!その1

イメージからの導き

イメージ:想い描くことは脳の力を引き出すことです!

 

手で描くことであれ、

頭の中で描くことであれ、

脳の働きを顕著にすることです!

 

スポンサーリンク

 

思索ではなく、

想いを映像にする(脳裡に思い描く)のです。

 

氣功の練功の時は、

頭の中で映像化します。

 

この映像化が会得できるまでに個人差があります。

 

生まれながらに身に着けている人もいますが、

ほとんどの方は修得しなければなりません。

「イメージ呼吸」と「導引呼吸」

その修得の過程で

『イメージ呼吸』から『導引呼吸』法

を考え付きました。

 

と言うより

《実況中継しながら呼吸をする》

言う釈迦:ブッダの教え

があります。

 

それは呼吸法を、

又は、

氣功動功と呼吸を合せて練功している時に必ず行う

行為です。

 

が、

受け手は受身にならずに、

その場で伝習(教わったことを復習する)することを

私は勧めています。

 

練功者は、

その場で少しずつの達成感が喜びにつながり、

生きる意欲が湧いてきます。

 

先にも記述しましたが、

予備式から入静に入る時の

《深いー呼吸(腹式呼吸)吸:1対呼:3》

導引呼吸で行うことをお薦めします。

 

導引とは「氣:生命エネルギー=宇宙エネルギー」を体内へ導くこと。

 

スポンサーリンク

 

導引呼吸法

 

例1 百会 ⇒ 中脈 ⇒ 下丹田《吸:1》⇒ 膨らむ《呼:3》。

 

例2 両湧泉 ⇒ 両足の中 ⇒ 両股関節 ⇒ 下丹田 ⇒ 中脉 ⇒ 百会

《吸:1》。百会 ⇒ 中脉 ⇒ 下丹田 ⇒ 膨らむ《呼:3》。

 

例3 百会 ⇒ 上丹田:球状を意識《吸:1》 ⇒ 《呼吸を止める》中脉 ⇒ 

下丹田:膨らむ《呼:3》。

 

例4 百会 ⇒ 中脉 ⇒ 下丹田:球状を意識《吸:1》:宇宙:虚空のエネル

ギーを頂く《頂きます》下丹田 ⇒ 両股関節 ⇒ 両足の中 ⇒ 両湧泉

《呼:3》:体内の邪気:エントロピーを出す《ありがとうございます》。

 

例5 天目(額の中央経穴) ⇒ 上丹田:球状を意識《吸:1》《頂きます》

⇒ 《呼吸を止める》中脈 ⇒ 下丹田:膨らむ《呼:3》《ありがとうございま

す》

 

例6 檀中(胸中央の経穴)⇒ 中丹田:球状を意識《吸:1》《頂きます》

⇒ 中脈《呼吸を止める》 ⇒ 下丹田:膨らむ《呼:3》《ありがとうございま

す》

≪上記全て腹式呼吸で行う≫ 等々、展開して行きます。

 

慣れるまでは、《吸:1対呼:2》で行い、《吸:1対呼:3》に徐々に慣れていきま

しょう。

 

一呼吸が長い程:吐く息が長い程、効果が上がります=副交感神経優位になり神経が緩和してまいります。

 

例1は、2、3回行って、例2に進むと良いでしょう。

 

上丹田古い資質(情動を司る脳の集まり)と脳幹に当たります。

 

百会から上丹田の中心を下方へ通過するとは、

視床下部(ストレスに負けない様に各種のホルモンを分泌する)を刺激します。

脳神経は頚椎・脊髄・腰椎を通って

諸臓器及び手足の末端まで伝達されます。

 

中丹田(中腹部)は、肺、心臓に呼応します。

東洋医学では、陰陽説で心臓:小腸、肺:大腸は表裏一体と見なします。

 

下丹田(下腹部)は、腎臓・副腎生殖器官へ呼応します。

勿論、上記の考えから、中丹田(中腹部)は,下丹田(下腹部)と呼応ています。

 

★意識して呼吸することが、脳の機能を闊達にします。

 

スポンサーリンク

 

呼吸法で脳内3伝達物質が排出

体内リズムに合ったゆったり呼吸を

コンスタンとに行うことにより

セロトニン(幸せホルモン)が排出されてきます。

 

少しずつの達成感で、

ドーバミン(やる気のホルモン)が分泌され、

コンスタントに排出されると

βエンドルフィン(癒しのホルモン)の排出が

促されてきます。

 

≪βエンドルフィンの排出で癒された気分になります≫

 

更に続けているとNK細胞等の癌キラーの物質が輩出されてきます。

 

この時間帯を長く保つことが大切で、

瞑想:イメージ呼吸から《静功》の時間へ……
脳を無私の状
態(思考をしない):空にして

生命力:自然治癒力を高めて行きます。

 

この自然治癒力を高めるため気功を行うのです

 

気功は、

予備式の ≪静功≫ に始まって収功の ≪静功≫ で終わる

と言う所以です。

 

その間、

上丹田にある扁桃核が心地好さを感知し、

傍にある記憶の脳:海馬に記憶され、

何時までもこの感覚を味わっていたい

気持ちになります。

 

この状態が記憶されると、

もうシメタたものです。

 

これを味合うことなく辞めてしまう方がいますが、

それは道先案内が良くなかったのかも知れません。

 

スポンサーリンク

 

臓器とカラー

幾度となく体感してくると、

瞼の裏にオーロラーの様な色が見えてくるようになります。

 

青、赤、黄、白、黒 等

 

青(肝臓:胆嚢)、

赤(心臓:小腸)、

黄(脾臓:胃)、

白(肺:大腸)、

黒(腎臓:膀胱)…と

リラックス状態になった時 (α波~θ波脳:7Hz~8Hz) に表れます。

★東洋医学:中国医学では、( )内は陰陽説で表裏一体の臓器と見なします。

 

赤紫の状態だと五臓六腑が整った状態です。

 

色を見ようと焦らないことです。

 

それは、

自然体で心を無私(空の状態の時に

やってきます。

 

関連記事
氣功静功「イメージ呼吸」で脳力アップ!!!その2

 

あなた様の日々の健康に、お役にたてば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

お気軽に、感想、お悩み、ご相談はこちらからどうぞ(^▽^

http://fainfo.net/contact

 

 ブログランキング参加中です。

あなた様の応援クリックが励みになります(^^♪


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

         P.S.

『灰色の状態から脱皮したスキルのヒストリー』

の無料レポートです。

↓↓↓ 他ページへリンク
脳力開発でサイキックにめざめ望む人生を生きる方法

『脳活ドリーム・ライフ物語』

①養生氣功編 ②陽宅風水編 ③言霊アフォーメイション編

④引き寄せの法則:ソールメイト編 総まとめ編 

☆章毎の読み切りとなっています。

あなた様の自己実現

お役に立つヒントがきっと見つかると存じます。

お申込みはこちらからどうぞ m(_ _ )m

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

Internet Defense League のメンバー

ページ上部へ戻る