氣功静功「イメージ呼吸」で脳力アップ!!!その2

イメージを使って呼吸をすることで、
脳の活性化が図れ、呼吸によって自律神経が調ってきます。

 

そしてあなたはトラウマから逃れ、
望む人間像が描けるようになる功法を紹介いたします。

 

この方法をマスターして、日々練功すれば、
あなたの免疫力が高まり自然治癒力によって、
心と体のアンチエイジング生活がやってくることでしょう。

スポンサーリンク

 

【イメージとは】

イメージとは、
心の中に思い浮かべる像。

 

心像のことです。

 

それは脳のどの分野で、
行われる活動かといいますと、
ご存知の大脳新皮質の ≪右脳≫ が司っています。

 

イメージと呼吸を併せて行うことで、
通常左脳優位になっている脳(β波脳)を、
右脳優位に導きゆったり呼吸(吸:1対呼:3)と併せて、
情動を司る大脳辺縁系(哺乳類脳)を刺激し、
生命維持、生殖、自律神経、
免疫等の働きを司る脳幹(虫類脳)に作用して、
脳波をα波脳に導き『心身共に調和のとれた状態:気功体』にして行きます。

 

前回、
触れました上丹田は、
この脳幹と大脳辺縁系に当たる球体を
意識することになります。

 

右脳は、
大脳新皮質(ヒト脳)の右半分に当たります。

 

≪人の脳は、脳幹の上に大脳辺縁系が重なり、
その上に大脳新皮質が重なった三重構造からなっています≫

 

導引呼吸法で、
「実況中継しながら練功しましょう」とは、
言葉を使うことです。

 

ことば:言語は、

左脳が司っていますから、

脳全体を活性化させていることになります。

 

すべてを受け入れる、

感謝のことばは、

言霊となり脳幹と大脳辺縁系に効果的に作用して、

癒しのホルモン分泌を促し:免疫力や自然治癒力が

益々高まってまいります。

 

口にする場合もそうですが、

《ポジティブ言葉》

あることが大切です。

 

関連記事
氣功静功:「導引呼吸」で脳力アップ!!!その1

 

 

【「イメージ呼吸」はポジティブ心像で】

『イメージ呼吸:描写呼吸』は、

真さに、脳内スクリーンに《ポジティブ心像》を描くことです。

 

呼吸は、ゆったり呼吸:長息
保ちながら行います。

 

最初の内は、
言葉にして成りたい姿、場景、笑顔の行動など
その時の五感(情動)も併せて想像すると良いでしょう。

★五感: 目・耳・舌・鼻・皮膚を通して生じる五つの感覚。
視・聴・嗅(きゅう)・味・触の五つの感覚。

 

映像が脳内スクリーンに映らないからといって焦らないことです。

 

焦ると脳波がα波からβ波になってしまいます。

 

脳波をα波(8~13Hz)に保って行います。

 

瞑想も然りです。

 

また、ネガティブなことを思い出すことがしばしばあります。

 

人間関係で生じた出来事がほとんどですが、
その時は、嫌がらず、
そのことを受け入れるのです。

 

「出会えてありがとう、

貴方に出会えて、

今の私があるのです」

 

いい辛ければ、

「ありがとう・ありがとう・ありがとう・・・・・」

唱え続けて下さい。

 

心が軽くなります。

 

それでも駄目な時は、

下記 ↓『導引呼吸法に戻りましょう。

 

関連記事
氣功静功:「導引呼吸」で脳力アップ!!!その1

 

数をかずえながら呼吸(数息呼吸)をして、
呼吸を整え (調息) 収功します。

★収功:練功(練習)を終わること。

 

これを何度か繰り返していると、
過去の出来事に捕われている心が、
薄紙を剥がす様にとれ、
執着しない自身を発見する時が参ります。

 

自分自身を信じることです。

 

早く状況を改善したい時は、
町で、店で、バスで、電車で、駅で、車で出会う人に、心の中で、
「・・・に出会えてありがとうございます」と言って下さい。

 

今日は、30人のひとに…。

 

今日は、50人のひとに…。

 

日常化すると、
いつの間にかそのこと
トラウマ=を思い出さなくなります。

 

釈尊:ブッダは仰います。

 

≪思い出さなければ過去は無いのだ≫ と。

 

私も、過去の出来事に捕われていたひとりです。

 

脳は主語がなく、

した言葉は、

他人のことをいっていても、

総て自分のこととして認知します。

 

「親の悪口を言うという事は、上を向いて唾を吐いているのと同じ事だ」なのです。

 

愚痴を言うと、
また同じ状況に遭遇してしまったことはありませんか?

 

それは、
貴方の脳がその様に行動して、
同じ状況をつくり出しているのです。

 

あなた自身が引き寄せているのです  …『引き寄せの法則』

 

その事から抜け出すために導引呼吸

この『イメージ呼吸:描写呼吸』を練功してみてください。

 

瞑想にも、
呼吸が大切であり、
ポジティブ言葉(プラス言葉)併せて行うことを、
お薦めします。

 

関連記事
氣功静功:「導引呼吸」で脳力アップ!!!その1

氣功の静功は「瞑想」で自分自身の魂と向き合う静かな活動です

 

幸せな笑顔に出会えますように^^ 合掌

 

あなた様の日々の安寧に、お役にたてば幸いです。  

最後までお読みいただきありがとうございます。

お気軽に、感想、お悩み、ご相談はこちらからどうぞ(^▽^

http://fainfo.net/contact

 

 ブログランキング参加中です。

あなた様の応援クリックが励みになります(^^♪


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

         P.S.

『灰色の状態から脱皮したスキルのヒストリー』

の無料レポートです。

↓↓↓ 他ページへリンク
脳力開発でサイキックにめざめ望む人生を生きる方法

『脳活ドリーム・ライフ物語』

①養生氣功編 ②陽宅風水編 ③言霊アフォーメイション編

④引き寄せの法則:ソールメイト編 総まとめ編 

☆章毎の読み切りとなっています。

あなた様の自己実現

お役に立つヒントがきっと見つかると存じます。

お申込みはこちらからどうぞ m(_ _ )m

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

Internet Defense League のメンバー

ページ上部へ戻る