東洋医学:氣功の陰陽五行論からみる五臓六腑相関の考え方

東洋医学とは、
広義には、東洋諸地域でおこり、発展した医学を総称する言葉です・

 

現在、日本で常識化している東洋医学の概念は、
古代中国でおこり、発展し、日本に伝えられ、
日本の風土のなかで発展、展開した医学(漢方医学)の総称です。

日本で「漢方」とよばれるのは、
明治の初めに西洋から入った「洋方」に対しての用語であるとともに、
漢の時代に、北の鍼灸と南の漢薬治療の理論が総合
体系化されたためとされます。 「日本大百科全書」より

 

私は中国医学としての氣功を、
中国大連市の大連理工大学教授(当時)許  紹廷老子と
台湾出身の九州大学医学部講師(当時)楊 思根老子から
手解きを受けました。

 

中国医学の理念は「陰陽五行理論」が基本です。

 

日本の「漢方」も、この理念を受けついて、
営なまれています。

ここでは、
陰陽五行論が体内の臓器と、
どの様に相関するのかを説明し、
保健健康法としての氣功の
考え方を解き明かします。

 

スポンサーリンク

 

【東洋医学:氣功と陰陽五行理論】

東洋医学:氣功は、
陰陽五行の考え方が基本となっています。

 

中国の春秋戦国時代頃に発生した、
陰陽思想と五行思想が結びついたもので、
中国4000年の思想である陰陽五行論を
一つの要素として、東洋医学:氣功に取り入れられたものです。

 

◆陰陽論

陰陽論とは、
表:見えるものを「陽」といい、
その裏:見えないものを「陰」といいます。
 

陰陽すべての物事は、
陽と陰が同時に存在しており、
二つは切り離されることなく、
常に同時に存在する。

 

これが陰陽論の世界観です。

 

◆五行論

五行論とは、
東洋医学の根本であり、
気功の根本である5行論は、
この世には、もの事を判断する5つの基準があり、
5つの世界、
5種類の元素からなっているという考えです。

 

5つのパロメータは、
「木」「火」「土」「金」「水」で、
それぞれの要素同士がお互いに影響を与え合う考え方です。

 

◆五行相生

木 → 火 → 土 → 金 → 水 → 木 の順に
相手を強める影響をもたらします。

じ、

じ、

じ、

じ、

ず」

という関係を

『五行相生』といいます。

 

「木」は燃えて、

良い「火」となり、

良い「火」が燃えたあとは

良い灰(=土)が生じ、

良い「土」が集まって山となった所からは、

良い「鉱物(金):ミネラル」を産出し、

良い「金:ミネラル」は、

良い「水」をつくり、

良い「水」は、

良い「木」を育てる。

という考え方です。

 

◆五行相克

相手の要素を抑え、弱める影響を
与えるものを「相剋」といいます。

 

ただし、相手を強める「相生」は常によい、
相手を弱める「相剋」は常に悪いという捉え方ではありません。

火を消し

金を溶かし

でできた刃物は木を切り倒し

土を押しのけて長し

水の流れをせき止める、という具合に、

 

(剋)ち、

ち、

ち、

ち、

という関係を『五行相剋』といいます。

 

 

◆まとめ

物事の生成発展はすべてこの流れに沿って発生し、
目標や次の流れにつながるように流れを整えることにより、
目標達成も、願望実現も、健康も、幸せも、全てこのシステム上にある
と考えるのが陰陽五行論なのです。

 

スポンサーリンク

 

【自然界の陰陽】

 

 

 

【人体の陰陽】

 

◇人体上部は陽、上部は陽。

◇人体内は陰、人体表は陽。

◇身体前は陰、後ろは陽。

 

 

【内臓の陰陽】

日本では五臓六腑といっていますが、
中医学では六臓六腑といいます。

 

それを、臓器に当てはめると
以下の様になります。

 

臓(陰) 肝臓 心臓 心包 脾臓 肺臓 腎臓
腑(陽) 胆嚢 小腸 三焦 大腸 膀胱

 

西洋医学では考えられない、
心臓と小腸、肺と大腸は、陰陽で表裏一体である
ことで納得できますが、
特に心包と三焦
理解しがたいのではありませんか?

 

心包は、心臓の周りを包む の目の血管をいい、
三焦は、上腹部、中腹部、下腹部の 臓器の空間を指しています。

 

ここ三焦に溜まる
エントロピーを排出していくことを内(軟)氣功では行います。

★エントロピーとは“ゴミ”のこと。

 

以上から六臓六腑は、
心包は心臓と同じとみなして
五臓六腑と呼称しているのです。

 

体内で派生するエントロピーは、
日常生活の中で睡眠、入浴、排便、汗、クシャミなどで自然排出します。

 

しかし、良い睡眠、便秘、ストレスなどで、体内に滞ると、
五臓六腑機能を低下させてしまうのです。

 

 

【五臓六腑相関図】

 

 

 

【五行の色体表】

 

五行 五臓 五覈 五腑 五主 五華 五志 五味 五色 五季
 木  肝  目
 火  心  舌 小腸 血流
 土  脾  口 肌肉 長夏

土用

 金  肺  鼻 大腸 皮膚
   腎  耳 膀胱 鹹塩カライ

 

 

【まとめ】

漢方・薬膳や風水、気学、九星占術などは、
上記の五行論の考え方で行われています。

 

様々なことがこの五行の図に当てはまるため、
物事が上手くいかない時は、
どの流れのどれがうまく流れないのか、
足らないのかを考え、
次の流れにつながるように流れを調え、
心身共に健康な日々を送りたいものです。

 

近年では、
西洋医学系の医者も「漢方」を学び、
漢方薬を処方する様になっています。

特定の臓器だけの診断では、
解決できない病…なんとなく症状…まだ病に至っていない未病状態では、
西洋医学では、お手上げ状態です。

その点、諸症状を考え併せて、
処方、施術していくのが東洋医学です。

 

病そのものだけでなく、
その人全体像を診断して行きます。

 

東洋医学は、
体だけでなく、目に見えない心、
霊性までも含めた精神、
環境といったものまで、
合わせて、人間と生命をとらえた医学と言っていいでしょう。

 

ですから氣功は、
「命丸ごとの養生医学」と言っていいでしょう。

 

 

関連記事
氣功とは

氣功の種類

氣功の動功

養生氣功とは

氣功の流派と目的

氣功初心者のための基礎知識

氣功の静功でストレスフリー

 

氣功の静功:「静寂瞑想」時の呼吸法

氣功の静功(静寂瞑想)とブッダのヴィパッサナー瞑想

氣功の静功は「瞑想」で自分自身の魂と向き合う静かな活動

 

【脳活通信53】「四苦八苦」の悩みを乗り越えるブッダの瞑想です

 

 

おすすめ記事
望むものにだけに気を払う「引き寄せの法則」

脳活開運マントラまとめ:七つのチャクラで宇宙エナジーと繋がりエネルギーを充電!

 

あなた様の日々の健康に、お役にたてば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

お気軽に、感想、お悩み、ご相談はこちらからどうぞ(^▽^

http://fainfo.net/contact

 

 ブログランキング参加中です。

あなた様の応援クリックが励みになります(^^♪


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

         P.S.

『灰色の状態から脱皮したスキルのヒストリー』

の無料レポートです。

↓↓↓ 他ページへリンク
脳力開発でサイキックにめざめ望む人生を生きる方法

『脳活ドリーム・ライフ物語』

①養生氣功編 ②陽宅風水編 ③言霊アフォーメイション編

④引き寄せの法則:ソールメイト編 総まとめ編 

☆章毎の読み切りとなっています。

あなた様の自己実現

お役に立つヒントがきっと見つかると存じます。

お申込みはこちらからどうぞ m(_ _ )m

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

Internet Defense League のメンバー

ページ上部へ戻る