身体の毒だしに有効な養生氣功:Shigeto Method 癒しのセラピー

身体に毒が貯まった状態血瘀ケツオ といいます。

 

血瘀ケツオ の症状

・冷房の効いた部屋に長時間いる。

・のど越しの良い冷たい飲食をする。

・運動不足である。   等の

夏場に多くその症状が現れます。

 

スポンサーリンク

 

新規のクライアントさんは、

症状がはっきりとした方が多く、

多様な方法を伝授しています。

 

私は、自身で行う内気功を旨としていますので、

養生・保健気功を行なっています。

 

夏場の初心者メソッド

夏場の養生氣功メソッドの一例を紹介します。

 

まず初心者にまず覚えて頂くメソッドです。

フット・ケア按法(足操術 ★一定のリズムを保ち行うことを旨とする)で脳内&体内臓器を機能を調えます。

動功+呼吸法でさらに毒だし促進して行きます。

② 経略気功で気・血・水の流れを良くします。

③ 長息腹式呼吸法+完全呼吸法で自立神経を調えます。

④ 静功(気功瞑想法)で自然治癒力を高めます。

★毒ダシの最大のポイントは、調心(脳)です

 

教室入会のクライアントさんは、

先ずフット-ケア:按法を覚えていただきます。

 

このフット-ケア:按法が ❝体の毒だしのファースト-ポイント❞ なのです。

 

自宅で常に行って、

日々養生を心がけることをお勧めしています。

 

養生の生活化

10年来の会員様の中には、

朝起きてこの「フット-ケアを行わないと起床しない」と言っています。

 

白内症を手術して半年後の検診に行ったクライアントさんは

「白内の進行がしていない!」との報告がありました。

 

この「フット-ケアが効いているかもしれないですね!」とおっしゃいます。

 

また、糖尿病の旦那様の足を毎晩ケアしている方がいます。

 

「最初は痛がっていましたが、

最近は食後の片付けが終わると、

足を私の前に黙って出すのですよ!と嬉しい様な、

迷惑そうな顔をしますが、

症状は徐々に改善してきているようです。

 

来週から血糖値500で糖尿病と診断され入院を促された男性が入会します。

 

スポンサーリンク

 

「気功の三調(調身・調息・調心)もですが

食養生(調飲食)が大事ですよ」と言うと

「治りますか?」の答に

「治るという強い気持ちが大切です。

先ず数値が改善するようにしましょう。

病気とうまく付き合う気持ちで一緒に努力して参りましょう」

とお答えしました。

 

入会の方々には、主治医がいるか、

定期健診を行っているか等のチェックをして、

会員様の今日の体調の確認を怠らないようにしています。

 

それは、収功時の体調チェックにつながり、

笑顔でお帰り頂くためでもあります。

 

足五指と身体の関連

長くなりましたが、そのフット-ケア按法(足操術)では、

五指(中でも1指)をしっかりと揉み解すことです

 

◆1指裏:脳内(左足は右脳、右足は左脳)鼻・頸椎

◆1指表井穴;肝・脾経略

◆2・3指裏:前頭洞・目(左足は右目、右足は左目)

◆2・3指表井穴(爪の両根本);胃経略

◆4・5指裏:前頭洞・耳(左足は右耳、右足は左耳)

◆4指表井穴;胆経略  ◆5指表井穴;膀胱経略

 

注:① クライアントへさん固有な症状の反射区・位置を示しますが、ここ

では省略します。

② 井穴=爪の両根本。経欠には固有の名称と位置がありますが、ここでは

省略します。

 

次に下記に沿って両手親指で押し揉みして行きます。

その時は親指に力を入れるのでなく、

肩の力を抜き腰で押しながら…息をはきながら…圧をかけて行きます。

 

◆足裏:副腎反射区・湧泉(腎経)穴~足心~膀胱反射区~三陰交穴

少々鈍痛があるぐらいが効き目大です。

 

修練後の体感

終了時は100~200ccほどの白湯が常温水を飲みましょう。

 

右足を揉み始めて4・5分あたりでジワーッと汗が出てきます。

 

この時、冷房のかかった部屋で行っていては、

発汗作用が抑制されますので、通気性の良い部屋で行うか、

~30分冷房で室内を冷やしておいて、

後は扇風機の微風(首振り)等で行なうと良いですね。

 

体内に滞った水・邪気が出終わると、

すっきりとした気分になります。

 

発汗が行なわれ始めたら(行われなくとも)

白湯を100ccほど飲みましょう。

  

★施術後は尿の色が通常より濃いか、

においがきつく感じられるでしょう。

 

このフット・ケア按法(足操術)だけでも寝起きに、就寝前に

お勧めします。

 

おすすめ記事
体質改善のためのレシピ

処暑です。体内の毒ダシを致しましょう!

氣功の調食(医食同源)その1 「自然の営みの食材で体調改善」

氣功の調食(医食同源)その2「健康&アンチエイジングを左右する酵素の働き」

氣功の調食(医食同源)その3「健康寿命を左右する食材」

氣功の調食(医食同源)その4「体がダル重くありませんか?」

氣功の調食(医食同源)その5「朝一粒の梅干が元気の素」

 

あなた様の幸せな日々の健康に、お役に立てれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

お気軽に、感想、お悩み、ご相談はこちらからどうぞ(^▽^

http://fainfo.net/contact

 

 ブログランキング参加中です。

あなた様の応援クリックが励みになります(^^♪


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

         P.S.

『灰色の状態から脱皮したスキルのヒストリー』

の無料レポートです。

↓↓↓ 他ページへリンク
脳力開発でサイキックにめざめ望む人生を生きる方法

『脳活ドリーム・ライフ物語』

①養生氣功編 ②陽宅風水編 ③言霊アフォーメイション編

④引き寄せの法則:ソールメイト編 総まとめ編 

☆章毎の読み切りとなっています。

あなた様の自己実現

お役に立つヒントがきっと見つかると存じます。

お申込みはこちらからどうぞ m(_ _ )m

 

スポンサーリンク

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

Internet Defense League のメンバー

ページ上部へ戻る