【脳活通信46】黒バナナを2本、毎日食べると凄いことが起こる!

今や、バナナは毎日手軽に食べられる果物です。

 

過ってはリンゴや卵などと並んで、

病気見舞いの高級果物でした。

 

5月の第四土日で

地元で「門司みなと祭り」がありました。

今年で75回・・・感慨深いです。

 

「東京ディズニーリゾート35周年スペシャルパレード 」

in 第75回 門司みなと祭り2018

 

 

 

 

 

特設会場では、必ず『バナナの叩き売り』が行われますし、

今や「レトロ門司港」のイベントでは、

無くてはならない出し物となっています。

 

スポンサーリンク

【バナナの思い出】

バナナには懐かしい思い出があります。

 

戦後間もなく、

父は台湾と貿易を始めます。

 

日本からは竹製品を船で輸出し、

台湾から戻りの船で、バナナを輸入するのです。

 

当時は冷蔵船はなく、

大きな籠に積まれたバナナは、

波に揉まれて約1ヶ月掛け

九州の門司港(当時は門司市)に到着します。

★過って門司港は国際航路港でした。
 
 
陸揚げされる頃には、

青々としていたバナナは黄色く熟成され、

下積になったバナナの多くは、

押しつぶされ商品価値がなくなっているのです。

 

それを荷役の人へ安く払い下げ…早く売って…収入へ‥‥

これが門司港発祥『バナナの叩き売り』です。

 

バナナ船が着く日の授業は、ソワソワうわの空で、

帰宅すると、カバンをほおり投げ、友人と

駅近くまで飛いきます。

 

軽妙な売り手の口上で、

買い手が応答する光景が面白く、

何時までも、大勢の大人の間から除き見を楽しんでいました。

 

 

帰宅すると、黄色いバナナが待っています。

その日は、バナナがおやつです。

 

何時しか

口上売りの語り口は、

お酒の場の余興に、

なってゆきます。。。

 

 

今では口上売りの伝統を守るため

門司港バナナ塾までやっています。

 

 

それは3年と続かなかった様に思います。

 

なぜなら、バナナ輸入は民間でなく、

国がやることになったとのです。

 

今では、身罷った父に正すことは出できませんが、

思えは、中国との関係悪化が要因だったのか…です。

 

・・・しばらく日本からバナナがきえます・・・

 

 

当時、父からは、

「バナナは黒い斑点が出た頃が、

食べ頃なのだ」と聞いていました。

 

 

虚弱体質の私は、2ヶ月に一度バナナが食べられる日が、

待ち遠しく、姉と一緒にバナナ船を心待ちにしていました。

 

 

砂糖が手に入ることが難しい時代、

台湾バナナの美味しさは格別で、

今でも忘れられない思い出です。

 

近年、そのバナナの栄養効果が証明されています。

 

スポンサーリンク

 

【バナナの栄養と効能】

バナナは免疫力を高める効果が期待できる食材です。

 

現在も私は、毎日バナナを食べています。

 

これはもう習慣化していまして、

ここでは、バナナに含まれる成分と

バナナを食べた時の効能について紹介いたします。

 

◆ポリフェノール:免疫力強化

バナナに含まれるポリフェノールには、

生活習慣病を予防してくれる効果があり、

カリウムは動脈硬化や高血圧の予防

といった免疫力効果が期待できます。

 

 

私は長年バナナを食べて免疫力を高め、

病気にかかりにくい体をつくってきました。

 

 

継続的にエネルギーを産出

バナナには、でんぷん、ブドウ糖、果糖、ショ糖など、

いろいろな糖質が含まれていて、

それぞれ体内に吸収される時間が異なり、

エネルギー補給が長時間持続します。

 

だから、マラソンランナーやサッカー

持久力を必要とする選手などが

試合前に食べるといわれています。

 

また、 朝の貴重な時間の朝食にも1本のバナナは最適です。

 

 

◆カリウムは筋肉にとっても欠かせないミネラル

フルーツの中でも特にバナナは、

カリウムを非常に多く含んでいます。

これはナトリウム(塩分)を排泄する役割があり、

高血圧に効果があります。

 

長時間の運動による筋肉の痙攣マヒ などを防ぐ働きもありまし、

逆に不足すると、筋肉が弱り、障害を起こすそうです。

◆ビタミンC(アスコルビン酸)

それほど多くはないですが、ビタミンCも含んでいます。

風邪の予防や疲労の回復、肌荒れなどに効果があります。

 

 

◆マグネシウム

血圧を調整する働きや、骨の成分でもあり、

イライラの解消にも効果があります

 

 

◆豊富なビタミンB群

消化液の分泌を促すビタミンB1や、

粘膜をつくるビタミンB2、

そして、血行をよくしたり、

エネルギーの代謝を促すナイアシンなどの

ビタミンB群が豊富です。

 

 

◆トリプトファン(体内にはいるセロトニン)

バナナには、情緒を安定させ、

精神をリラックスさせる効果のある

須アミノ酸の一種トリプトファン

(昼間、太陽光を浴びることセロトニンになる)

という成分も豊富に含まれています。

 

 

◆ガン予防効果

バナナは免疫活性力や抗酸化力が非常に強く、

ガンの予防や多くの生活習慣病に効果があるそうです

 

 

◆便秘を予防・解消でき美容とダイエット効果

バナナは食物繊維が豊富な果物です。

 

食物繊維には「水溶性」と「不溶性」の2種類があって

バナナはこの2つをバランスよく含んでいます。

 

これが高い整腸作用をもたらし

便秘の予防や解消につながります。

 

ビタミンcと相まって、

美容効果とダイエット効果が期待できます。

 

 

バナナダイエットが流行り、

スーパーから一時バナナが消える事件がありましたよね。

 

 

 【何時食べる?】

朝はバタバタするので、

朝食を手軽に済ませられるバナナに置き換えたいという方は、

朝バナナをおススメします。

 

一方、ボリューミーな夕食を抑えることで体を絞りたい方は、

夜バナナが良いのではないでしょうか。

★1日2本なら朝食1本、夕食1本をおすすめします。

 

スポンサーリンク

 

【バナナダイエット】

ポイントは、

「一食分のカロリーを低く抑えることで、

全体的なカロリーの摂取量を減らす」という点です。

 

どちらにも長所がありますので、

朝・夜のどちらかにより大きな効果があるとは断言できません。

 

朝、夜のいずれもバナナだけでは、

低カロリーだからといっても、

栄養バランスが片寄りすぎてしまいます。

朝か夜だけにしましょう。

 

バナナを大量に食べる

夕食の代わりだからと、

5本も6本も食べてはいけません(>_<)

1~2本、せいぜい3本をゆっくり噛んで、

水をとりながら満腹感を得ましょう。

 

継続は力なり

 

個人差や一日の運動量も関係しますが、

1ケ月は続けることが大切です。

 

2、3日続けただけで効果があらわれるものではありません。

規則正しい食生活を送り、

体質そのものから、

じっくり改善してみませんか。

バナナ食以外でドカ喰いはやめましょう‼

 

バナナダイエット中でも、

バナナ食以外の食事で暴飲暴食するような食べ方は控えましょう。

 

じっくり、丁寧に、根気よく。

様々なダイエットの共通点です。

 

私はダイエットとしてではなく、

虚弱体改善が目的ですので、

朝食1本、ランチに1本 or ディナーに1本を

デザートとしています。

 

体重は上下は、ありますが、

それは炭水化物を多目に食べた時です。

 

その時は、炭水化物で調整します。

 

 

【黒バナナ効果】

 

 

黒い斑点は

シュガースッポトといいます。

 

成熟して、

糖度が増し、

斑点が現れるのです。

 

通常のバナナと比べると、
なんと、
8倍くらい免疫UP効果が出るのです。

 

TNF(腫瘍壊死因子)

という物質が活性化する

と言われています。

 

黒バナナは、黄色のバナナに比べて

酵素がさらに増え、

吸収されやすい状態になる

肥満になりやすくなるショ糖も減る

GI値(ブドウ糖:グルコースを100としたときの相対的な指標)が下がる

GI値が下がるため、ゆっくり吸収されるので燃焼が持続する

さらに、ファイトケミカル(抗酸化物質)が大幅に増える

オリゴ糖もさらに増える

 

このように黒バナナはメリットだらけです。

 

 

1日1本で医者いらずになる 黒バナナ健康法』著:鶴見隆史(鶴見クリニック理事長、医師)

 

にも黒バナナのすごいパワーが書かれています。

 

黒バナナは、熟成することで酵素が大幅アップします。

 

抗酸化作用が高まり、

高血圧、糖尿病、ダイエット、

疲労に効果力アップなのです。

 

病気に強く、

疲れにくい、

さらには太りにくい体になるのです

 

スポンサーリンク

 

【今日の一言】

口にするものは薬と思い、

後天の氣(自然エネルギー)を上手に取り込もう noukatuNoriko

 

但し、バナナは身体を冷やす食べ物です。

多食はよくありません。。。ですが、黒バナナに熟成すると、

上記の様に成分が変わり基礎代謝は下ることはないようです。

 

スーパーや果物屋さんで見切り品で売っている

黒っぽくなってるバナナを狙い、買います。

 

 

◆黒バナナの応用

更に熟成させ黒バナナとして食べています。

 

また

熟成させた黒バナナを

レンジで1分間(熟成度によります)過熱して

バナナ汁を作り、その汁を化粧液としても常備しています。

 

額や首などにできる小さなイボやシミ、

手の甲の日焼けや加齢で出てくる斑点などに

塗ると抗酸化作用で美容効果があります。

 

加齢斑点の出ている会員さん(80代女性)にお伝えすると、

早速始めています。

 

彼女は、バナナをレンジで温めて食しています。

 

★バナナ液はスグ黒く変色しますが、効果はかわりません。

 

私はバナナ液を集めて冷蔵庫で保管、

寝る前の洗顔後に乳液として常用しています。

 

★初めに肌に直接つけるものは、私は手作りしています。

 

 

写真は2分間レンジで加熱したものです。

 

少量しかできませんが、

これが貴重な液なのです。

 

少々ベたつきますが、

甘い香りに包まれて幸せ気分になります。

 

実は糖化して非常に甘くなっています。

 

スプーンで美味しくいただきますョ^^

 

お試しあれ^^

 

黒バナナは、侮アナド れませんよ‼

 

 

 

でもバナナは太る

 

バナナ100g当たり = 86KcaI

炭水化物  22.5g

たんぱく質 1.1g

 

ちなみに、

ごはん100g = 168kcal

カロリーだけをみると、

バナナ2本 = ごはん100g

同じくらいになりますね。

意外と低カロリーですねェ^^

 

おすすめ記事
緑茶(日本茶)は鉄分の吸収を阻害する⁉

コンブ(昆布)水からコンブ(昆布)酵母へ
「オートファジー」発見でノーベル医学・生理学賞受賞の快挙!

 

あなた様の健やかな日々に、お役に提出立てば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

お気軽に、感想、お悩み、ご相談はこちらからどうぞ(^▽^

http://fainfo.net/contact

 

 ブログランキング参加中です。

あなた様の応援クリックが励みになります(^^♪


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

Internet Defense League のメンバー

ページ上部へ戻る