冬至には冬の七種ナナクサで運気をあげよう\(^o^)/

暦上では2020年の冬至は12月21日(日)です。

冬至とは24節気の一つで、

1年で夜が最も長く昼が短い日です。

★二十四節気 ニジュウシセッキ:太陰太陽暦(旧暦)の1年を春夏秋冬の4つの季節に分け、                   さらにそれぞれを6つに分けたもので、                             「節(せつ)または節気(せっき)」と                            「気(中(ちゅう)または中気(ちゅうき)とも呼ばれる)」が交互にあります。          旧暦の閏月を設ける基準となっており、中気のない月を閏月としていました。              二十四節気は、その年によって1日程度前後することがあります。                                    

 

冬至は太陽のエネルギーが一番弱まった日とされ、

この日を境に再び力が甦ってくると考えられ、

冬至を境に運も上昇すると言われています。

 

昔から

冬至にはかぼちゃを食べてゆず湯に入る習慣があります。

ゆずがなくてみかんを入れたり、カボスをいれたり

したこともありましたが、なぜゆずを入れるのでしょう?

なぜカボチャ(南瓜ナンキン)をたべるのでしょうか?

 

また『冬至の七種』とは何でしょう?

 

詳しく見てみましょう 。

 

スポンサーリンク

 

【なぜ冬至の日にゆず湯にはいるの?】

◆柚子の特徴

ユズ(柚、柚子)は、

ミカン科の常緑植物で、

柑橘類の一種です。

 

中国揚子江上流が原産といわれています。

 

日本にはかなり古い時代に渡来し、

奈良・平安時代にはすでに植えられていたそうです。

 

山口県、徳島県には原生林があり、

耐寒性が強く、また耐乾、耐湿性も強いのです。

北は青森県の海辺まで生息すし、

樹は直立性で枝梢にトゲがあります。

 

◆成分

ゆずの果実は、クエン酸、酒石酸、リンゴ酸を多く含み、

果皮には、たくさんのビタミンCが含まれていて、

女性の肌荒れや冷え性に効果的です。

果汁はカリウム、カルシウムも多く含みます。

 

◆種子の成分

苦味をもつ物質リモノイドは、

抗がん作用・悪玉コレステロール抑制作用があります。

 

また、精油成分やクエン酸・ビタミン類が相乗的に働き、

リウマチ・関節炎などの腫れや痛みを緩和する働きが期待されます。

 

腰痛、ひざ痛、神経痛などの、炎症性の痛みにも効果があるそうです。

 

そのほか、カゼ、二日酔い、月経不順、膀胱炎、

食欲不振、貧血などにも効果があるので、

柚子をそのまま風呂湯にいれて成分を摘出するのですね(*_*)

 

◆皮の成分と効能

ペクチン質といい、血糖上昇の予防、

コレステロール値のコントロールを行う働きがあり、

ビタミンCとの相乗効果で、

血行もよくする働きがあり、

毛細血管の働きもよくなります、小ジワを防ぐ働き、

シミ、ソバカスを薄くする働きも期待できます。

 

古くは薬用としてカゼ薬に利用され、

葉、果汁、種子を使った民間薬から漢方薬まであります。

 

出血止め、トゲ傷、歯痛、生理不順など

多くの病気やけがに薬効があるといわれています。

 

その他にも、疲労回復、肩こり、

筋肉痛を予防する働きをすると言われています。

 

ビタミンCやフラノボイドには抗酸化作用があり、

病気の原因となる活性酸素を消去する働きがあるそうです。

 

血中コレステロールの低下、

抗ウイルス作用、抗ガン作用の働きをし、

またビタミンPも含まれ、血圧低下、 脳卒中や、

心筋梗塞の発作予防の働きもするのです。

 

これが柚子湯がゆず風呂に入って

無病息災を祈る風習になったのも

うなづけますね。

 

実際にゆず湯に入ると、

香りが良いのでアロマテラピー効果もありますよね^^

 

スポンサーリンク

 

【なぜ冬至にかぼちゃを食べるの?】

その前に冬至の日にカボチャ(南瓜ナンキン) をたべるのは?

 

かぼちゃは夏の野菜ですが、

保存に強く、傷さえつかなければ長期保存が可能で、

冬に不足しがちな栄養を補う事ができるので、

昔の人の知恵で冬至に食べる様になったと言われています。

 

◆カボチャの効能

かぼちゃには体内でビタミンAに変化する

β-カロテンが多く含まれていて、

動脈硬化の予防や老化予防になります。

 

またビタミンC、ビタミンE、鉄分、カリウム、カルシウム、

食物繊維などが含まれていて、

これらの栄養素や機能性成分によって風邪の予防をはじめ、

冷え性や貧血の予防、体力の回復が期待できます。

 

毎日のバランスの良い食事が大切ですが、

癌ガンのリスク低下まで期待できるという研究もあるようです。

 

昔からの習慣には

それ相応の意味があるのですね。

 

では冬に

「食べると運気がアップ」

「縁起が良い」とされている食べ物があります。

 

 

【冬の七種ナナクサ】

「春の七草」は有名ですが、

実は冬至にも

「冬の七種」があるのです。

 

◆冬の七種

それは

「ん」が2つ付いている食材で、

たくさんの運が呼び込めると言われています。

 

・南京 なんきん(かぼちゃ)

・蓮根 れんこん

・人参 にんじん

・銀杏 ぎんなん

・金柑 きんかん

・寒天 かんてん

・饂飩 うんどん(うどん)

 

 

この食材は冬場の季節を乗り切る食べ物です。

 

季節に稔る食べ物はその時候にあった食材ですから

冬至の日だけでなくお召し上がりください^^

 

今年の冬至は12月21日(月)です。

栄養のあるかぼちゃや冬の七種を食べて風邪を防ぎ、

身体を温めるゆず湯に入り、

無病息災を願いながら

新しい新年を迎え寒い冬を乗りきってまいりましょう。

 

おすすめ記事
【脳活通信48】老ける食べ物=老化する食べ物

【脳活通信58】体内年齢を若くする老けない食べ物、食べ方

老化予防対策…AGEを増やさない防御策パート2

「ゆで蒸し野菜」は血糖値スパイクも糖毒物質AGEも同時に減らす

体内に滞った糖が変質してできる糖毒物質「AGE」は腎臓を破壊する

老化物質AGEがどれだけ溜まっているか「体内年齢チェック」をしましょう

アンチエイジングの秘訣は成長ホルモンと良い睡眠にあり

 

あなた様の健やかな日々に、お役に立てれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

お気軽に、感想、お悩み、ご相談はこちらからどうぞ(^▽^

http://fainfo.net/contact

 

 ブログランキング参加中です。

あなた様の応援クリックが励みになります(^^♪


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

Internet Defense League のメンバー

ページ上部へ戻る