免疫力と自然治癒力の違い

私は長い間 「免疫力」と「自然治癒力」を混同して考えていました。

 

免疫力とは

「免疫力」は体内の中にあり、

エントロピーの排出により体内場が整えば、

「自然治癒力」が高まり、

同時に「免疫力」も高まると考えていました。

 

スポンサーリンク

 

「健康問答」五木寛之&帯津良一対談集

Q32「自然治癒力とは何か」 より抜粋

 

帯津:…自然治癒力は、正体がまだわからないんです。

わからないけど、存在は疑っていないですね。

 

西洋医学コチコチの先生でも、

自然治癒力はあると、はっきり言っています。

 

だけど、現実の臨床では生かしていないんです。

 

自然治癒力は恐らく免疫力なんかよりも、

もっと奥にあって、免疫力の司令塔になっているのではないかと、

私は思っています。

 

多田富雄先生がよく本で、

免疫は自己組織化する免スーパーシステムである、

とおしゃっていますね。

 

それに対して、

自然治癒力は、「場」の力だと、

どこかでお話しになっています。

 

だから自然治癒力というのは、

体の中の、命の場に備わって、本来的な能力

なんだと思うのです。

 

《私も、この様に思っていました》

 

命のエネルギーが低下した時に、

これを回復させる能力ですね。

 

だけれど、それが見つかっていないんですよ。

 

まだ、なぜ見つかっていないのかというと、

体の中ばかり目を向けるからで、

恐らく自然治癒力は、本当は、外界の環境の中にあるんじゃないかと、

私は考えているんです。

 

たとえば「氣」の環境のいい所に身を置くと、

よくなってくるとか。

 

五木:帯津さんが呼吸法をなさるのも、

結局、自然治癒力を命のうちに高め…。

 

帯津中に取り入れるということですね。

 

五木免疫力は体内にそなわった力、

自然治癒力は体外にある、

生命の場の力であると。

 

帯津:そうです。免疫は、

もちょっと浅いところにある力ですよね。

 

いのちの奥のほうに、

自然治癒力というのが、

もう一つあるんだということです。 抜粋終了

 

スポンサーリンク

 

自然治癒力とは

気功は、自然治癒力を高める行為です。

 

呼吸法で、生命の場のエネルギーを取り入れ、

自然治癒力を高め健やかを保つ……


緑豊かな森や神社仏閣に御参りすると、

気分がすっきりして体調が整います。

 

「いやしろ地」

「温泉地」

「パワースポット」などへ訪れると、

いく日も元気に過ごせます。

 

健功塾(室内)で、

多人数で練功すると、

氣場が出来ます。

 

それも外気と室内の気の流れを保ちながら…

が重要です。

 

収功時の心地よさは格別です。

 

心地よさを分かちあいながら、

いつも喫茶のひと時を過ごしています。

 

氣功を、生命場(エネルギー)の高い所で行う意味が

説けたような気がいたしました。

 

関連記事

氣功とは

養生氣功とは

 

あなた様の日々の健康に、お役にたてば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

お気軽に、感想、お悩み、ご相談はこちらからどうぞ(^▽^

http://fainfo.net/contact

 

 ブログランキング参加中です。

あなた様の応援クリックが励みになります(^^♪


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

         P.S.

『灰色の状態から脱皮したスキルのヒストリー』

の無料レポートです。

↓↓↓ 他ページへリンク
脳力開発でサイキックにめざめ望む人生を生きる方法

『脳活ドリーム・ライフ物語』

①養生氣功編 ②陽宅風水編 ③言霊アフォーメイション編

④引き寄せの法則:ソールメイト編 総まとめ編 

☆章毎の読み切りとなっています。

あなた様の自己実現

お役に立つヒントがきっと見つかると存じます。

お申込みはこちらからどうぞ m(_ _ )m

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

Internet Defense League のメンバー

ページ上部へ戻る