血管若返りは・・・気功法「金剛三練」で!

10月14日の「林修の今でしょう講座」で、

名医が実際にやっている予防法「血管疾患」編がありました。

 

秋から冬に向かって血管疾患が多くなる時期です。

 

20歳でも生活習慣が悪いと70歳の血管年齢という人がおり、

若い時から血管を意識した生活をしていないと、

血管が弱り傷つきやすく、

血管の壁がもろくなり、

心筋梗塞・脳卒中などの発病となることは、

健康お宅でなくとも承知のことです。

 

スポンサーリンク

 

秋から増える血管疾患 

脳卒中、心筋梗塞、狭心症、脳梗塞、くも膜下出血 1など

≪近年の研究で、

生活習慣を改めると動脈硬化は修復され、

血管年齢が若返ることが判明した≫ とのことです。

 

私はそれまでしていた手仕事をやめ、画面に集中します。

 

誰しも懸念していることですが、

血管が老化すると再生はしないと長年いわれてきましたが、

管は若返えることが出来る言っているのです。

 

名医がやっている血管疾患の3つの予防法

1)秋の魚を食べる

秋の魚には血管を守るEPAという脂が豊富で、

おすすめは、

秋の戻りカツオ、マイワシ、ブリ、サンマがおすすめ。

 

マグロの養殖ものはエサが良いので、
赤身でも中トロと同じくらい多量のEPAを含んでいる。

1日に食べる量は、毎日刺身1人前が理想である。

 

2)昼食は2時

「脂を控える」「塩分を控える」「血糖値を下げる」など、

血管疾患の予防法は、ダイエットと共通点が多く、

太らないことが血管疾患予防になる。

 

午後2時は脂肪を体にためこむ司令塔(ビーマル1)

の分泌量が最も少なく、

食べた物が脂肪が体につきにくい時間帯である。

 

3)ゾンビ体操を1日3分

全身の力を抜きその場でジョギング、

顔の力も抜いてリラックスする(ゾンビ体操)。

 

運動をすることでNO(一酸化窒素)が作り出され、

動脈硬化を起こした血管を修復するなどの良い働きがある。

 

リラックスすると血管が開き、

さらに足を動かすことで、

一酸化窒素が出る。1日3分、

ゾンビ体操をすることで血管疾患予防につながる。

 

http://放送内容.blog.so-net.ne.jp/2014-10-14-12

 

(1)(2)ハイ理解しました

(3)を観ていると

 

あぁこれは気功法の「金剛三練」だ

 

この一・二年行っていない練功法でした。

 

スポンサーリンク

 

金剛三練

一練:振法(立式でゾンビのような動功法):3分間

 

二練:波動法(立式で全身に打ち寄せて返す、イメージ動功法)

 ◆ 身体の邪気を洗い流すイメージ:2~3分間。1分間から始めるとよいです。

 

三練:静功(頭を空にして立式抱球功):3分間

 ◆ なるべく長く保つと、リンパ球、NK細胞 等が排出されて、

自然治癒力が高まります。頭を空にすることが重要です。

 

さっそく明日の健功塾で再練功しましょうo(^▽^)o

 

継続は力なり‼ 

 

一人で続けることは、難しいが、仲間がいると継続可能です。

体が喜ぶ体感を経験すると続ける意欲がでてきます。

 

脳は、怠惰なのです(;^_^A

 

脳はヤスキを選択しがちです(゜д゜;)

 

健康は自らが創りだすもの、

生かされている命を大切にしたいものですねo(〃^▽^〃)o

 

関連記事
万病の元:便秘改善に氣功動功法スワイショウが効く!

 

あなた様の幸せな日々に、お役に立てれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

お気軽に、感想、お悩み、ご相談はこちらからどうぞ(^▽^

 

http://fainfo.net/contact

 

 ブログランキング参加中です。

あなた様の応援クリックが励みになります(^^♪


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

         P.S.

『灰色の状態から脱皮したスキルのヒストリー』

の無料レポートです。

↓↓↓ 他ページへリンク
脳力開発でサイキックにめざめ望む人生を生きる方法

『脳活ドリーム・ライフ物語』

①養生氣功編 ②陽宅風水編 ③言霊アフォーメイション編

④引き寄せの法則:ソールメイト編 総まとめ編 

☆章毎の読み切りとなっています。

あなた様の自己実現

お役に立つヒントがきっと見つかると存じます。

お申込みはこちらからどうぞ m(_ _ )m

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

Internet Defense League のメンバー

ページ上部へ戻る