氣功静功「入静」時の症状

氣功本功である静功の「入静:リラックス」時には、

個人差はありますが下記の様な症状が現れます。

 

スポンサーリンク

 

氣功静功「入静」時の症状

◆『気化反応:自発動』

・体がだるい、重い、軽い、温かい、ピリピリする、

気分が落ち込む、映像が見える…等

 

『氣』に対する感覚は様々ですが、

気にしないことです。

<効果がでているからです>

 

 

立位式、座式の時の小さな揺らぎは、

そのままに、

心地よさを愉しみましょう。

 

しかし大きな動きの時は、

抑制します。


<変差が起こるのをさける為>です。

*何も感じない方は、心配しないで続けて下さい。

 

あなたの脳が気功体になる準備をしている最中ですよ!!!

 

スポンサーリンク

 

◆『気冲病灶:キチュウビョウソウ』

 

:氣が病巣に当たる意。

 

・練功開始後しばらくして、

患部に一時的に痛みが増した感じがします。

続けていると良くなります。

 

痛みを感じていないところが、

電気が走るように感じる時がありますが、

続けていると良くなります。

 ★ これらの症状は、気の滞りが改善する際におこる現象です。

 

◆『入静の突然の中止』は、避けましょう!

・びっくりした時は、

慌てず、そのまま中断しないてゆっくり

下丹田に気を集め《収功》してから、

立ちあがりましょう。

すぐに移動しないでください。 <ふらつくことがあります>

 

・急に動き始めて気分が悪くなった時は、

もう一度静功を軽く行って、

しっかり収功をすれば元にもどります。

 

関連記事
収功とは氣を納めること

 氣功の準備運動「予備式」と「入静」

氣功静功:静寂瞑想での入静は「氣を練る」こと

 

あなた様の幸せな健康の日々に、お役に立てれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

お気軽に、感想、お悩み、ご相談はこちらからどうぞ(^▽^

 

http://fainfo.net/contact

 

 ブログランキング参加中です。

あなた様の応援クリックが励みになります(^^♪


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

         P.S.

『灰色の状態から脱皮したスキルのヒストリー』

の無料レポートです。

↓↓↓ 他ページへリンク
脳力開発でサイキックにめざめ望む人生を生きる方法

『脳活ドリーム・ライフ物語』

①養生氣功編 ②陽宅風水編 ③言霊アフォーメイション編

④引き寄せの法則:ソールメイト編 総まとめ編 

☆章毎の読み切りとなっています。

あなた様の自己実現

お役に立つヒントがきっと見つかると存じます。

お申込みはこちらからどうぞ m(_ _ )m

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

Internet Defense League のメンバー

ページ上部へ戻る